look for life-人生を探して-

look for life-人生探して-

年収300万代30代既婚男子ピコポが手探りで探す人生の意味。と見せかけて日々の生活を通じて感じたコトや愛用のモノ、買ったモノを綴るブログ。ファッション、読書、音楽、日用品、日々の暮らし、そして文鳥など。いろいろなことを綴っていこうと思います。

活版印刷 啓文社印刷のポーチとメモ帳ケースを父の日に貰ったよ


頑張って良い記事を書きます。読者になっていただけると嬉しいです!

twitter始めました!よろしければフォローお願いします!

どうピコポです。

 

先日は父の日でしたね。

……とか言ってる間にもう結構経ってしまった。(笑)

父の日と母の日には毎年、奥さんと僕の両親に何かしらプレゼントを送っているのですが、よく考えたら僕も今年から(去年から)父だったのです!

そんなグダグダな僕と違って、奥さんはちゃんと僕へのプレゼントも用意してくれていました。

さすが!嬉しい、楽しい、大好き!

というわけで、今回は貰ったプレゼントをご紹介します。

啓文社印刷の活版印刷シリーズ

プレゼントで貰ったのは、神戸にある印刷を手がける会社、啓文社印刷の活版印刷を用いた「メモ帳」と「革メモケース」と「タイベックポーチ」です。

f:id:fortheshirt:20190624120055j:plain

活版印刷というのは昔からある印刷技術で、すごく雑に言うと、スタンプに近い印刷方法で凹凸が残るのが特徴です。

昔は文字だけだったのですが、近年は様々なロゴやイラスト、フォントも活版印刷で印刷出来るので、地味にブームになったりしています。

名刺なんかも作ってる方いますね。

小さな活版印刷機 (大人の科学マガジンシリーズ)

小さな活版印刷機 (大人の科学マガジンシリーズ)

 

啓文社印刷のワークショップ

啓文社印刷は名刺等の印刷物を販売している会社なのですが、事業の1つとして各地で活版印刷を用いたワークショップをしているんですよね。

活版印刷の啓文社印刷 | 神戸にある印刷会社、啓文社印刷工業:活版印刷・オフセット印刷・オンデマンド印刷・活版名刺・結婚式招待状印刷・印刷加工

先日札幌で開催されていた、「札幌蚤の市&もみじ市」に行った際にワークショップをしていて、そこで奥さんがプレゼントとして購入してきてくれました。簡単にそれぞれご紹介します。

①メモ帳

f:id:fortheshirt:20190624115835j:plain 

まずはメモ帳。

僕の名前からタツノオトシゴのスタンプを選んでくれて、名前(の一部)も刻印されています。

メモの中身も選べるようで、全部で4種類の紙がありました。

f:id:fortheshirt:20190626153828j:plain

これは早速仕事で使いたい……けど、使い切ったらちょっと勿体無いなあ。

仕事ではなくて、時間をかけて使えるようなことを書こうかなあ。

②革メモケース

f:id:fortheshirt:20190624115903j:plain

こちらもメモと同じ刻印の革のメモケース。

同じくタツノオトシゴの印刷が。(笑)

革のメモケース!なかなか自分で購入するには至らないアイテムなので嬉しいです。

ずっと使っていけば、経年変化も楽しめますね。

同じようなタイプのメモなら入れ替えて繰り返し使えるので、ずっと使っていこうかと思います。

多分ロディアとかも入ると思います。多分。

③タイベックポーチ

f:id:fortheshirt:20190624115937j:plain

そして、最近はステーショナリーでも見かけるようになった、「タイベック」という素材を使用したポーチです。

コーティングした紙みたいなやつですね。

中央には虫が……。(笑)

これは、僕が自宅に虫のポスターを貼る程度には虫好き、ということを汲んでくれてチョイスしてくれたのです。虫、まあまあ好きです。

ギリギリ文庫本なら入りそうなサイズなので、本を入れるか、ティッシュとか入れるポーチにしようかなあ。

 

他にもワークショップではメモやポーチ以外に、大きめな手帳やキーケース、パスケースなども選べました。

イラストの種類も350種類あったようです。

その中から「タツノオトシゴ」と「虫」のチョイス……うーん、最高ですね!

何が嬉しいって、その気持ちが嬉しい

プレゼントにはもちろん満足なのですが、何が一番嬉しいって、プレゼントをわざわざ購入してきてくれたことなんですよねえ。

実はこのワークショップをしていた、上記の「札幌蚤の市&もみじ市」へは僕も奥さんと子供と一緒に行ったんです。

このワークショップも開催しているところを見てて、「いいなー。」とか思いながらスルーしていました。

そしたらですよ、次の日に奥さんと子供だけでこっそりイベントに行って(イベント自体は2日間で、2日目は僕は仕事でした。)購入というか、作って来てくれました。

一応イベント会場の最寄り駅から無料バスが出てたとはいえ、片道40分くらいかかる道のり。

それを子供を連れてこっそり行って来てくれたという、それが一番嬉しいですね。ね。

僕、奥さんへは母の日に何もプレゼントしていないのですが、来年は、僕も我が子と一緒に奥さんへプレゼント出来たらいいなあ。

なんて思いました。

(「いや、今からでもプレゼントしろよ!」という意見もあるとは思いますが、そこは僕も別でプレゼント渡していて、特に問題になっていないません。)

というわけで今回は活版印刷の雑貨をご紹介しました!

今日はこの辺りで、それでは!