look for life-人生を探して-

look for life-人生探して-

年収300万代30代既婚男子ピコポが手探りで探す人生の意味。と見せかけて日々の生活を通じて感じたコトや愛用のモノ、買ったモノを綴るブログ。ファッション、読書、音楽、日用品、日々の暮らし、そして文鳥など。いろいろなことを綴っていこうと思います。

無印良品 MUJI Labo(ムジラボ) 2019年1月ピックアップ!

2018年の夏の終わり頃にに書いた無印良品メンズアパレル秋物の記事。 

www.lookforlife.jp

この記事は僕のブログの中ではなかなか読まれています。記事のカテゴリーとしてはある意味キューレーション的というか、実際持ってない、着たこともないアイテムの紹介が多かったので深掘り出来ない記事だったのですが、やはり需要はあるのですね。

 

せっかく需要があるのであれば、これからも(多分無印良品に特化して。)定期的にまとめようかと思います。ちなみに無印良品からお金などは一切もらっておりません。(笑)

 

というわけで、今回は無印良品の中でも「MUJI Labo(ムジラボ)」に絞ってご紹介します。

何故MUJI Laboに限るのか、理由は後述します。

MUJI Labo (ムジラボ)2019

f:id:fortheshirt:20190118120043j:plain

引用-MUJI Labo 通販 | 無印良品

無印良品のアイテムの中でも実験的な立ち位置として存在しているMUJI Labo(ムジラボ)。今までもファッション好きには注目されていましたが、今回の2019年シーズンから少しリニューアルしました。

以下がそのコンセプトです。

性別のない服を作りました。 着る人を限定する事がなく年齢、体型関係なく着れるサイズ感、シンプルなデザイン、組合わせ簡単な形 男女で共有することもできる服です。 1月のテーマは「コート」 ファスナーやボタン等の付属品をそぎ落し、裏・表の区別もなくしました。 撥水性のあるナイロン素材で、作った気軽に羽れるコートです。

引用-MUJI Labo 通販 | 無印良品

今までは通常の無印良品のラインと同じくメンズ、レディースと別れていたのですが、今回のシーズンからアイテムは統合されて、サイズの違いでメンズレディースを出す方針になったようですね。

これが果たしてどのように影響してくるか……。

 

1ヶ月ごとにテーマを決めてリリースしていく方式は継続で1月のテーマは「コート」。

そんな訳で通常の春物の紹介に先立ってMUJI Labo(ムジラボ)のみ今回はご紹介します。

MUJI Labo(ムジラボ)は一部店舗とネットストアでしか販売していないので、住んでいる地域によっては試着が出来ない可能性もあって少しハードル高いのですが、面白いアイテムも多いので是非一度実物を見て頂きたいですね。

 

MUJILabo(ムジラボ)取り扱い店舗はこちら。

MUJILabo取扱い店舗一覧 | 無印良品

MUJI Labo(ムジラボ)2019 1月 ピックアップ

ここからは実際のアイテムをご紹介しますが、1月度にリリースされたアイテムは全部で17品番。

その中から個人的に気になったアイテムをピックアップして紹介します。

個人の趣味趣向入りまくりの見解なので参考までに読んで頂ければ。

ちなみに僕の住んでいる地域にはMUJI Labo(ムジラボ)取り扱っての店舗がないので、実物はまだ見れていません……それもご了承ください。

それでは早速!

①ジャパンファブリックインディゴカーディガン・インディゴスタンドカラーシャツ

f:id:fortheshirt:20190118120104j:plain

引用-ジャパンファブリックインディゴカーディガンXXS~XS・ブルー 通販 | 無印良品

f:id:fortheshirt:20190118120121j:plain

引用-ジャパンファブリックインディゴスタンドカラーシャツXXS~XS・ブルー 通販 | 無印良品

税込価格:7990円

サイズ:XXS-XS S-M L-XL

カラー:ブルー ダークネイビー

まずはシャツのシリーズから。

確か前のシーズンにも展開していた、ジャパンファブリックを使用した(中国製だけど。)シャツのシリーズ。

2019年1月のシリーズではプルオーバータイプのスタンドカラーシャツと、ボタンをなくしたカーディガンがラインナップ。写真で見た限りだと生地の感じも良くて、スッキリしています。ただカーディガンは留め具がないので一癖ありそうです。

サイズ展開のこともあり試着出来ないと厳しいですかね。

②ジャパンファブリックデニムノーカラージャケット・デニムノーカラーコート

f:id:fortheshirt:20190118120141j:plain

引用-ジャパンファブリックデニムノーカラーコートXXS~XS・ブルー 通販 | 無印良品

f:id:fortheshirt:20190118120204j:plain

引用-ジャパンファブリックデニムノーカラージャケットXXS~XS・ブルー 通販 | 無印良品

税込価格:ジャケット 14900円 コート 17900円

サイズ:XXS-XS S-M L-XL

カラー:ブルー

①と同じジャパンファブリックを使用したジャケット、コートです。コートもボタンやファスナーがないのでなかなか難しそうなアイテムですかね。

リラックス感はあるので、先程のカーディガンもそうですが上手く取り入れれば春っぽさ出せそうです。

価格が少し高めというのも躊躇する要素になりそうですね。

③撥水リバーシブルフード付きコート・ブルゾン

f:id:fortheshirt:20190118120224j:plain

引用-撥水リバーシブルフード付きコートXXS~XS・ネイビー 通販 | 無印良品

f:id:fortheshirt:20190118120242j:plain

引用-撥水リバーシブルブルゾンXXS~XS・ネイビー 通販 | 無印良品

税込価格:コート 19900円 ブルゾン14900円

サイズ:XXS-XS S-M L-XL

カラー:ネイビー ブラック

先程までに紹介した①と②がジャパンファブリックシリーズとするなら、今回のMIJI Labo(ムジラボ)のもう1つのシリーズが撥水リバーシブル素材を使用したシリーズです。撥水シリーズは他のアイテムとしてノーカラージャケットと、ノーカラーコートで恐らく②のアイテムの型と同じ型のアイテムも存在しています。

個人的には一番使いやすそうなのはブルゾンかなという感じですね。シンプルで春先には良いのではないでしょうか。

フード付きコートは、これまたボタンもファスナーもない仕様でしかもフードもあるのでレインコートっぽく見えるような……。

あと、この撥水シリーズは全てのアイテムがリバーシブルなのですが、ブラックの裏面がチャコールっぽくて色味がほぼ同じです。片面が派手になりがちなリバーシブルをあえて同系色にしてシンプルにしたのだと思いますが。

④ジャパンファブリックデニムストレッチワイドパンツ

f:id:fortheshirt:20190118122151j:plain 

引用-ジャパンファブリックデニムストレッチワイドパンツ23(58.5cm)・ダークネイビー 通販 | 無印良品

税込価格:6690円

サイズ:23インチ〜33インチ

カラー:ブルー ダークネイビー ブラック

最後にジャパンファブリックのデニムを使用したワイドパンツの紹介です。僕は無印良品でパンツを購入したことないのですが、これは写真で見る限りかなり良さそうですね。価格もお手頃ですし、ワイドパンツながらやり過ぎないゆったり感であまりワイドすぎるパンツが取り入れやすいのではないでしょうか。

2月以降のラインナップも少し発表されています。

f:id:fortheshirt:20190118120311j:plain

引用-MUJI Labo | 無印良品

2月以降のMUJI Labo(ムジラボ)のラインアップも少しだけHP上で発表されていますね。

特に2月の「スウェット」3月の「シャツ」は結構気になります。

正直なところ1月のラインナップでは「欲しいかも。」と思ったのはジャパンファブリックのスタンドカラーシャツとワイドパンツくらいでしたが(実物を見てないというところが大きいと思いますが。)、2月と3月は期待したいです。(2月分は2月8日に発売予定です。)

 

今年もMUJI Labo(ムジラボ)ではメインラインにはない実験的なアイテムが多そうなので楽しみですね。

2月、3月のアイテムも発売されたら記事にしていこうと思っています。

 

それでは!

【随時更新 】隅っこ端っこ書店員の2019年 買った本の記録と簡単なレビュー

f:id:fortheshirt:20190117102230j:plain

僕は本が好きだと度々言ってはいるのですが、あまり本の記事は書けていません。

本当はもっと本を紹介したいのに……!!

 

そして、先日のベストバイの記事を書くにあたって、本だけいつ購入したかが結構曖昧でした。恐らく購入する頻度が他のモノより多いからでしょうね。

 

なので個人的な備忘録も兼ねて2019年に購入した本と簡単なレビューをこの記事に記して随時更新していこうと思います。

個別でレビューを書いたらリンクも貼ったりして。

 

ちなみにベストバイの記事の参考にすることを考慮して、期間は2018年12月〜2019年11月にします。

2019年度に購入した本

基本的には購入してすぐにこの記事に記して行く予定なので、レビューというより概要になるかもしれません。購入したきっかけとか。

僕の最近の趣味としては小説をほぼ読まなくなって、実用書やエッセイメインですね。人文書もたまーに購入するのですが、なかなか読み進れないなあ……。漫画はたまーにという感じです。

 

一応端の端の隅っこで書店員なので、面白いセレクトになっていればと思います。

ライトめな本が好きです。

①ワールドトリガー19巻/葦原大介

ワールドトリガー 19 (ジャンプコミックス)

ワールドトリガー 19 (ジャンプコミックス)

 

たまーにと言いつついきなりコミックですが、一応時系列なので……。

2年振りくらいでしょうか。ワールドトリガーの新刊が発売&連載再開!ジャンプ読み歴20年を超える僕ですが、近年の当たりはこの作品。(もっと最近だとやっぱり呪術廻戦。)僕の好きな間の取り方の漫画ですねー。

いつの間にか19巻か……ストーリーをどこまで考えているかわかりませんが、このまま続けばかなりの長編になりそうですね。今後も応援します。

②ハンターハンター36巻/冨樫義博

HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)

 

で、またもやコミックという……。

昔ほど漫画を読まなくなって、漫画も買わなくなってしまいましたが、ハンターハンターは相変わらず読み続けています。他の読者と同じく(?)死ぬ前に完結すればいいやという思いです。(笑)

ベルセルク然り。

③冬の本/夏葉社

冬の本

冬の本

  • 作者: 天野祐吉,佐伯一麦,柴田元幸,山田太一,武田花,友部正人,町田康,安西水丸,穂村弘,堀込高樹,ホンマタカシ,万城目学,又吉直樹,いがらしみきお,池内紀,伊藤比呂美,角田光代,片岡義男,北村薫,久住昌之,装丁:和田誠
  • 出版社/メーカー: 夏葉社
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 63回
  • この商品を含むブログ (46件) を見る
 

この本はよく考えたら2018年のベストバイで紹介してしまっていました……。

購入したのは2018年の12月ですが。

「冬」と「本」にまつわる著名人達のエッセイです。作家さんごとに読み味も違って、冬の間に少しずつ読み進めたい本ですね。

www.lookforlife.jp

④あゆみんとスー/廣川あゆみ、廣川進

あゆみんとスー

あゆみんとスー

 

徳島の山奥で自給自足的に暮らしている家族の1年間のお話。映画「人生フルーツ」もそうですが、自給自足的な生活に昔から漠然とした憧れがあります。今すぐには無理ですが、いつかはやりたいなあ……とか言いつつ、こんな物欲にまみれたブログなんかしているので、永遠にその時は訪れなさそうです。

せめて本の中だけでも憧れ続けたいと思って購入。(笑)

⑤今日/訳:伊藤比呂美

今日 (福音館の単行本)

今日 (福音館の単行本)

 

これも2018年のベストバイで紹介済みでした。

クリスマスに奥さんにプレゼントした本ですが、子育てに翻弄されている母親の方に是非読んで欲しいです。お父さんはこれをプレゼントして株を上げましょう。(笑) 

ちょっと読んで泣きました。

www.lookforlife.jp

⑥マンガでわかるジャズ/著:山本加奈子 監修:及川亮子

マンガでわかるジャズ: 歴史からミュージシャン、専門用語などを楽しく解説!

マンガでわかるジャズ: 歴史からミュージシャン、専門用語などを楽しく解説!

 

僕はジャズに対する漠然とした憧れがずっとありました。チャレンジも何回かしたのですが、なかなかしっくりこなくて……。そんな時に出会った本。

どんなジャンルもそうだとは思いますが、ジャズは確実に知識があった方が楽しめる音楽だと思いました。僕の様なジャズに興味のある方けど、なかなか踏み切れなかった方に。

⑦新装版 ディック・ブルーナさんの絵本のつくりかた/みづゑ編集部

新装版 ディック・ブルーナさんの絵本のつくりかた (みづゑのレシピ)

新装版 ディック・ブルーナさんの絵本のつくりかた (みづゑのレシピ)

 

子供、女の子が生まれたのでミッフィーについていろいろ知りたくなって購入しました。するとデザイン的な観点からもミッフィーの素晴らしいことに気づいて、現在はミッフィーシリーズを全巻購入我が子へ順次購入する計画を立てています。(笑)

この本はインタビューなどを通してディック・ブルーナ流絵本の作り方を知る本です。ディック・ブルーナさんの入門書としても良いですよ。

⑧ありがとうさちこ/小山健

ありがとう さち子

ありがとう さち子

 

今僕の注目している漫画家さんの一人といえばこの小山健さん。特徴的なイラストでジワジワ人気が出てきています。記事にもしたお父さんクエストに続いて、奥さんのことを描いたエッセイ漫画です。

普通に好きなテイストではあるのですが、お父さんであり、夫でもあるという状況が自分に重なって最近は余計に贔屓目に(笑)。生理ちゃんも話題になりました。

随時更新していきます。

本を購入したら随時更新していきますので、たまに読んでみて下さい。

1年間で何冊購入しているかもわかるなあ……。(読んでるとは言ってない。)

 

それでは!

2019年の目標 欲しいもの したいこと ブログについてなど。


f:id:fortheshirt:20190111184921j:plain

表題の通りですが、今回は「2019年に欲しいモノ」や、「したいこと」、「ブログの目標」などについて書こうかと思います。

 

こういう記事って読む側は面白くもないと思うので、記事にするのはやめようと思ったのですが、自分なりにいろいろ整理する意味やブログの今後についても考えたいので、どうかお付き合いください。

1・2019年欲しいモノ。

最初に現時点(2019年1月)で今年欲しいモノについて考えてみます。とりあえず今パッと思いつくモノですが他にもいっぱいあります。

①ちょっと良い革靴

カジュアルに履ける、所謂革靴って今持ってないんです。仕事のときはスニーカーの方が都合が良くて、住んでいる場所が北海道なので雪で滑る、水分が付く、などを考えると今までなかなか購入まで踏み込めなかったのですが、そろそろ欲しくなってきたので購入を検討中。候補は今のところパラブーツです。やっぱり水分に強い革の方が気軽に履けると思うので。

おそらくですが、近日中に何かしらを購入予定なのでまたご紹介しますね。

②フランクリーダーのヴィンテージベッドリネンシャツ

f:id:fortheshirt:20190111185727j:plain

引用-FRANK LEDER フランクリーダー ベッドリネンシャツ 通販

こちらのシャツは去年の秋にも欲しいモノとして紹介したのですが、タイミングを逃して持ち越し中です。(笑)

www.lookforlife.jp 僕は白シャツが好きで、いろいろ良さそうなシャツの購入を検討していますが、これが今のところ筆頭かなあ……。愛用している無印良品の白シャツは汚れてきたら買い直しているのでそれを除いて。(笑)

休日用というかオシャレ着用というか。

多分春前に各ショップに並ぶと思うので今回は早めに行動しよう。

③カジュアルに使えるベスト。

白シャツが好きな僕ですが、白シャツばかり着ても「毎日同じ服着てる人。」になってしまいます。(まあ、既にそうなのですが。)

厳密に言うとブランドが違ったり素材が違ったりしてるのですが、気づかれないですよね。(笑)

そこで簡単に変化がつけれるアイテムとしてベストがここ半年くらいずっと欲しいのです。

が、これはなかなかピンとくるモノがないんだよなあ……。私服はカジュアル寄りなので、「ベストを着ると若干カッチリする。」くらいの雰囲気、3シーズン使えそうなベストいいのですが。

とはいえ、これも暑くなる前には欲しいところです。

④ブルーナボンボン

子育てグッズも欲しいなあ。

巷で話題(?)のブルーナボンボン。

ミッフィーで有名なディックブルーナの「うさぎ」がロディのようなバルーン遊具になったものです。

対象年齢3歳〜なので我が子に買うには2020年でも十分早いのですが、フライングしそうなくらい欲しい……!可愛い!!

ちなみにミッフィーではなく、「うさぎ」なのでご注意を。

あと、ベビーカーも買わないとなあ。

ブルーナ ボンボン

ブルーナ ボンボン

 

2・2019年したいこと

あんまり深く考えている訳ではないのですが、漠然と考えていることを。

①本を読む時間を増やす。

今は週1冊サラッとでも読んでるのですが、もう少し増やしたいと思っています。実際読めていない本が増えすぎてて……。子供が生まれたのでなかなか家で時間が作れませんし、出来た時間はブログを書いているという。(笑)

そう考えたら今だって時間全然ないのですが、1日30分くらいでも作れたらいいなあ。

本を読む本 (講談社学術文庫)

本を読む本 (講談社学術文庫)

  • 作者: J・モーティマー・アドラー,V・チャールズ・ドーレン,外山滋比古,槇未知子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1997/10/09
  • メディア: 文庫
  • 購入: 66人 クリック: 447回
  • この商品を含むブログ (322件) を見る
 

②家族との時間をしっかり作る。旅行に行く。

これも子供が生まれたので尚更ですね。

子供生まれてから僕と奥さんは自分たちの時間というのが全然取れなくなってしまいました。

まあ、それは当たり前で文句がある訳ではないのですが。(僕は仕事で外出もしているので気分転換にはなっているだろうし。)

しかし、油断すると自分優先にしようとする癖がなかなか抜けませんねえ……。

今の時期なんて月単位で子供は大きくなっていくので、特に子供、というか家族と接する時間も作っていきたいです。もう少し大きくなったら旅行などにも連れて行ってあげたいですし。

しっかり家族サービスします。

③将来のことについて考える。

これは僕の仕事というか、家族の人生設計といいますか。今の仕事以外に漠然としたいことはあるのですが、今の仕事をいつまで続けるとか、新しいことをいつから始めるとかは全然考えていません。

気がついたら子供も生まれて、年齢もそれなりに重ねつつあるので、今年中にはとりあえずでも人生設計を立て直してみようかなと思っています。

本当にあっという間に人生って過ぎていくなあ……。いつのまにかすっかりおじさんだもの。

3・ブログの目標

ここからはブログに関して、目標やチャレンジしたいことを考えていきます。

①月間30000PV、単日2000PV目標!

まずは定番の目標を。

2019年1月現在でブログを始めて約1年ですが、月間12000PV、単日は良くて500PVという感じです。

ショボいかもしれませんが地味に上がっていってるので……。(笑い)

目標の妥当性などは正直わからないのですが、今の感じで記事を更新しつつけてプラス下記のことを実行したらどうかな?……という感じ。

ちなみにずっと毎月続けてきたブログの運営報告ですが、これからは節目、150記事達成だったり、累計100000PV達成時に軽く報告する形にしようと思います。あんまりダラダラ続けることでもないので。

②写真を良い感じに、デザインもできれば変える。

先程の①の目標を達成する為したいことですが、まずは激ダサの写真とブログのデザインをなんとかしたいです。デザインに関してはパソコン系にほぼ素人なのでどうしたらいいかさぐりさぐりですが、写真は意識してもう少し、ベタな言い方ですが「オシャレに」撮りたいですね。

カメラは相変わらずiphoneですが。

ブログの中身ももちろんですが、外側というか、デザインや写真も「また読みたい」と思われるブログにしたいです。

③何かしらの企画を実行。

これは読者参加型の企画というか。

プレゼント企画がいいかな。

もう少しPVなどが増えたら一回やってみたいです。

今だとちょっと読んでくれている方が少ないので実行しても寂しい結果になりそうなので……。(笑)

プレゼントするモノもなんとなく決まっているので、読んでくれる方さえ増えれば割とすぐ実行出来そうではあります。

現在いつも読んでくれている方(多分いるはず……!)には本当に感謝です。

④ブログの収益で購入したモノを紹介。

これは今のところ僕のブログの目標になっていますね。ちなみに約1年間ブログをやってきて収益はほとんど運営費(ドメイン取得とか、はてなプロとか。)とトントンでした。それだけでもお金になっているということがビックリでもありますが、もう少し収入が増えればブログで紹介するモノ(の一部)をブログの収益で購入することが出来て、良い循環になりそうです。

ここで言ってる「収益で購入するモノ」は数万円もするモノではなくて、高くても数千円くらいのモノです。ブログで生活しようとかは思っていないのですが、家計やお小遣いに限度はもちろんあるので、「少しでも紹介するモノをブログの収益で購入出来たら良いなあ……。」くらいな感じです。

最初に購入したいモノも既に決まっていて、収益の目処がついたら夏までには購入しようかな。

2019年も良い年にしよう!

と、こんな感じでフワッフワですが現段階で2019年にしたいことをまとめてみました。

去年もいろいろあったので、今年もいろいあると思いますが、頑張って良い年にしていこうと思います。

ブログも少しずつ規模を拡大出来たらいいなあ……。

 

みなさま本年もよろしくお願いします。

 

それでは!

ドイツ Breba社(ブレバ社)のbobbing animals(ボビングアニマル) 首振り人形 無駄を楽しむ!

唐突にですが、僕は雑貨が好きなんです。

職業柄ということもありますが、ロフト、東急ハンズ、ヴィレッジヴァンガードなど有名店から1店舗しかないような小さいお店もついつい行ってしまいます。

 

ですが!

最近無駄な雑貨というと語弊がありますが、「こんなものにお金使ってなにやってんだ……。」みたいなモノにお金使ってないんです。

昔はガチャガチャだったり、ベアブリックだったり、チョコエッグだったり(初期の動物のチョコエッグ懐かしいなあ。)、小さいフィギュアとかに多少はお金を使っていました。

なんだか……いつのまにかつまらない自分になってたんだ……。(笑)

 

まあ結婚して、子供も生まれて、昔と環境もかなり変わっているので、金銭的にもスペース的にも僕の思考的にもそういうモノにお金を使えなくなっているいうことも大きいと思います。

実際前ほど欲しいとも思わなくなったしなあ…。

ですが!

久しぶりに「わけのわからないモノ。」を購入してしまったよ……!!

 

そこで、今日ご紹介するのはこちら。

BREBA社(ブレバ) bobbing animals   (ボビングアニマル)

f:id:fortheshirt:20190110113639j:plain

ドイツのBreda社のボビングアニマルです!

 

ボビングフィギュアって言ったらこんなのが有名ですが↓

それをチープにしたようなモノです。

日本の赤べこっぽいかな。赤べこをチープ言ってはダメかもしれませんが。

 

このボビングアニマルはBREBA(ブレバ)社が1948年から作り続けているドイツ製の動物の置物です。

モノによってはWest Germanyの刻印があり、当時の型をそのまま使用している名残が。

デスク脇などで60年以上ドイツ市民の心を癒している(多分。)シュールかつキュートな雑貨なのです。

 

実は今回BREBA社(ブレバ社)を紹介するにあたってネットで調べてみたのですが、大体上記にあることしかわからなくてBREBA社(ブレバ社)の詳細がよくわかりませんでした……商品もボビングアニマルとフラワーブレスレット?くらいしか出てこないし。

本当にドイツの人にはお馴染みなのかどうか全然わからん……。

流石にドイツ語で検索したら出ると思うけど。

どなたか教えてください。(笑)

何故ボビングアニマル??

さて、何故僕がこのボビングアニマルを購入したかと言うとそこには比較的浅めの訳があります。

 

札幌市民にはお馴染みかとは思いますが、毎年11月末から12月25日まで大通公園で「ミュンヘンクリスマス市」というのが開催されています。

クリスマス市というのは、テレビや映画で観たことある方もいるでしょうが、日本で言う祭りの屋台のクリスマスバージョンみたいなものですね。

クリスマスの装飾や食べ物をみんな買いに集まる的な。

簡易的ではありますが、札幌でも姉妹都市であるミュンヘンの名前を借りて、毎年クリスマス市を開催しているわけです。

 

そこに毎回なんですが、出店しているマトリョーシカ屋さんがあります。ミュンヘンなのに何故マトリョーシカ、何故ロシアなのかは謎ですが、そんな中一際異彩を放つマトリョーシカがありました。

それがチェブラーシカのマトリョーシカ!

↑これはコインバンクですが。

 

その「チェブラーシュカのマトリョーシカ」という言葉の響きとチープな見た目の魅力にヤラれた僕は、数日悩んだ末に購入することを決意。

意を決して買いに行ったのですが、これがめちゃくちゃ高かった……7500円もしました。

 

流石にそこまでは出せなくて(3000円くらいかと思ってました。)意気消沈していた僕、そんな僕のことを見つめる眼差しが、その視線の先には……。

f:id:fortheshirt:20190110113724j:plain

この眼差し!!

というわけで、急遽購入に至ったのでした。

チープな見た目と動きが最高です。

このチープさ最高です。

f:id:fortheshirt:20190110113759j:plain

白熊と熊さんには「W.GERMANY」と刻印。

f:id:fortheshirt:20190110113833j:plain

ついついツンツンしたくなる。

f:id:fortheshirt:20190110113901j:plain

極上の癒しがそこに……!!

 

今回僕が購入したのは熊と白熊ですが、お店には他にオットセイ、ペンギン、ウサギなどがいました。

ネットでしらべると他にもネコや、ドワーフ、シカなども存在しているみたいですね。

コレクション心くすぐられるなあ……。

 

ちなみに価格は税抜きで700円が相場のようです。

ネットで雑貨屋さんや楽天などを確認しても同じような価格帯でした。

 

難点は通販で探すと安価な故に送料がかかってしまうこと。通販なら上手く送料無料のキャンペーンなどを利用方がいいかもしれません。

そして実店舗だと、探すのが結構難しいという難点が…。

流石に東京とかなら探しやすいかもしれませんが、札幌では僕は今回初めて見ました。

今まで見落としていた可能性もありますが。

札幌での目撃情報求む!

良い無駄遣いでした。

僕、赤べことか首を振るギミックのある置物が何故か好きなんです。

不思議と集めたい気持ちになってくるんですよね。

 

あと、購入後に気づいたんですが昔このボビングアニマル貰ったことがありました。

10年以上前ですが。

確かサイだったかなあ……もしかしたら今もダンボールの奥に眠っているのかもしれません。

今回購入したのも昔の記憶などがうっすら残っていて、購買意欲を促進させたような気もします。(笑)

 

完全なる無駄遣いなのですが、少しづつ探して集めていきたいですね。

無駄を楽しむ余裕を持つことこそ至高!!

 

子供に見せると笑顔になる時があるので、歩けるようになったら興味を持たれて壊される恐れがあるというリスクを背負いながら、今後も収集していきます。(笑)

 

今回はこの辺で!

L.L.BEAN(エルエルビーン)ビーンブーツ キーチェーン(キーホルダー)好きな人には堪らない逸品!

ブログを始めた初期である一年程前にビームス別注のビーンブーツをご紹介しました。

www.lookforlife.jp

現在北海道は冬真っ只中。

購入したビーンブーツは絶賛フル稼働中!

さらに、この一年でマザーズバッグとして同じくLLビーンのビーンブーツと双璧をなす代表作でもある「ボートアンドトート」も購入したり、地味にLLビーンに投資している我が家ですが、今回そんなLLビーン好き、特にビーンブーツ好きには堪らない小物を購入しました!

それがこちら!

ビーン・ブーツ・キーチェーン3個セット

f:id:fortheshirt:20190107091633j:plain 

です!

もう見てもらったらわかる通りなので特に説明のしようもないのですが、ビーンブーツのキーホルダーです。

 

LLビーンの代表昨である「ビーンブーツ」をモチーフにした(というかそのまま。)キーホルダー。

流石にブーツとは違ってメイドインチャイナですが、アッパー部分にはレザーを使用するなど、本物にかなり近いデザインです。

可愛くないですか??

 

というわけで、今回はこのキーホルダーをご紹介!!

プレゼントに最適!?可愛さも同居するキーホルダー

僕が思う注目すべきポイント以下の通り!

①ビーンブーツ好きには堪らないディテール。

f:id:fortheshirt:20190107091717j:plain 

先程も述べましたが、アッパーのレザー、ボトムのラバーソール、しかも靴底にはチェーンパターンも入っていて、もう写真だとキーホルダーかビーンブーツか見分けがつかない!!

……ってことは流石にないですが、これはファンも納得のデキではないでしょうか。

紐は残念ながら固定されていて解くことは出来ませんでしたが。

それでもビーンブーツ好きには堪らないディテールです。

②3色ともなかなか良い色!

f:id:fortheshirt:20190107091824j:plain

商品名の通りこちらのキーホルダーは3個セットなのですが、タン(ベージュ)はもちろんネイビーやレッドもなかなか良い色じゃないですか??

特にネイビーは僕が購入したビームス別注のビーンブーツにそっくり!↓

f:id:fortheshirt:20190107102046j:plain

欲を言えば個人的にはレッドじゃなくて、グリーンでお願いしたかったですが、レッドもまあ良いか。

③プレゼントにも最適な価格!

f:id:fortheshirt:20190107092836j:plain

3個セットというのがハードル高いと思われるかもしれませんが、3個で3600円+税なので1個あたり1200円なのです。

そう考えたら結構お手頃な価格ではないでしょうか。

さらに、3個とも個別に箱に入っているのでセットで購入して1個ずつプレゼントしても全然問題なし!

生粋のビーンブーツ好きに3個セットでプレゼント

したかったら、3個分が入る箱付きなのでこれまた問題なしです。

ちなみに僕はネイビーが自分でタンが奥さん、レッドは子供用に(無理矢理)しました。

本当は奥さんにクリスマスプレゼントに添えて渡そうと思っていたのですが、僕の注文出不精(?)が炸裂して、注文するのが遅れたので、後から普通にプレゼントしました。(笑)

④アメリカンなサイズ感はご愛嬌!?

f:id:fortheshirt:20190107092911j:plain

こちらのキーホルダー、ここまであえて言及してきませんでしたが、コレ結構大きいです。(笑)

最早キーホルダーっていうよりフィギュアの方が近いんじゃないか、新生児なら履けるんじゃないか(実際は紐が解けないので無理ですが。)ってくらい大きい。アメリカブランドってことでご愛嬌なんでしょうか。

ということで、普通に鍵をつけてポケットに入れようものなら結構な邪魔っぷり。(笑)

鞄に入れるか単純に鞄の装飾としてDカンなどにつけるか、という使用方法になるかな。

フィギュア的に飾ってもいいけど。

まあ、大きい分紛失の心配も少なくなるのでおあいこで……。(?)

プレゼントに是非!

流石にメインのプレゼントには厳しいかもしれませんが、メインのプレゼントに添えたりバレンタインやホワイトデーのちょっとしたプレゼントなら十分に嬉しいキーホルダーではないでしょうか??

これとビーンブーツと一緒にセットでプレゼントされた日には惚れ直してしまうのは確実でしょう。

 

まあ、僕はすでに両方所有してしまっているのでそんな日はこないでしょうが。(笑)

皆さんも是非プレゼント候補に加えてあげてください。

それでは!!

2019年福袋 カルディ、無印、スタバ、ネタバレ中身公開!得する福袋とは!?【その1】

改めまして、2019年明けましておめでとうございます。

 

昨年は当ブログを読んで頂きありがとうございます。

もうすぐ(1月中旬)ブログ開始1年を迎えますが、とりあえず無事に1周年を迎えれそうで、気持ちとしても一安心というところです。

いやー続いてるなあ。

 

記事のアップが1記事だけだった月もありましたが、ギリギリ毎月アップ出来ましたし、1年で130弱の記事を書いたので月平均10記事程度は書いている計算。実際は月によって差がありすぎますが。(笑)

 

昨年の夏に子供が生まれたということもあって、

記事の更新はしばらくスローペースになると思いますが、2019年もぼちぼちやっていくのでどうかお付き合いください。 

新年といえば……!!

新年といえば福袋!!

毎年そんなにたくさん購入しているわけではないのですが、自分的にお得感あったりする福袋は毎年購入していたりするので、今回は2019年に購入した福袋をご紹介します!

 ちなみに去年も少し福袋の記事書いてます。↓ 

www.lookforlife.jp

2019年 福袋ネタバレ選手権!

やっぱり福袋ってドキドキワクワクするなあ。

普通に考えたら福袋だって商売なので、利益がでる仕組みになってはいるはず。

ですが、そういうことを感じさせないお得感のある福袋も中にはあって、そんな魅力的な福袋は毎年購入しちゃう!

それでは早速ご紹介します!

①カルディコーヒーファーム /食品福袋 3500円

f:id:fortheshirt:20190105132247j:plain

みんな大好きカルディの食品福袋。

毎年大人気で、同じカルディの和食系の福袋「もへじ福袋」と共に開店前に並んで整理券を貰わないと購入が難しい福袋です。さすが人気だけあって毎年満足度高いんですよね。おそらく金額的には倍の7000円程度は入ってるんじゃないでしょうか?点数はバッグ入れて19点でした。

さらに余っているっぽい商品だけでなく、ハリボーやマイルドカルディのドリップパックなど普通にお店に置いてある商品も混ざってるの嬉しいところ。

今年は去年よりお菓子系が少なめだったかな?あと、やたら紅茶が入ってたなあ。

季節的なこともあるのか毎年お馴染みな甘い系の食品が多いのも相変わらずですが、やっぱり点数の多さもあって「福袋を買った!」というワクワク感と満足感はかなり高めです。

食品ということで「どうにも使えない」ということがないのもポイント高いですね。

個人に嬉しかったのは。

・トリュフ塩

・オレンジのマーマレード

・ココア

・アンチョビの缶詰

などかな。

1つ1つを見れば早朝から並んで購入するほどのものか?という疑問はありますが、(笑)毎回期待を裏切らない安定した内容でした。

②無印良品/福缶

f:id:fortheshirt:20190106015055j:plain

「絶対損しない」でお馴染みの無印良品の福缶です。毎年その年分の金額が入ってるMUJIギフトカードが中に入っていて(今年なら2019円分)、お値段は2019円!つまり絶対損しない!

そしてこちらも毎年並んで整理券を貰わないと購入は難しいことで有名です。

2019年の中身はギフトカード、縁起物、ポチ袋2つでした。ギフトカードと縁起物は毎年入っていて、もう1点が年によって違います。去年はマスキングテープだったかな。

中身見てもわかるように福袋というよりは壮大なおみくじのような感じです。

例年は1つしか購入していませんでしたが、よく考えたら毎年無印良品で結構な金額使ってるし、一人2つまで購入可能だったので今年は奥さんと合わせて4つ購入。

詳細は上の写真の通りなのですが、縁起物が全部で48種類あってどれが出るかわからない中、4個中「木の葉猿」が2個……。

いつになったら赤べこをゲットできるのかなあ……。ともあれ正月っぽい中身ですし、損もしないので来年も可能であれば購入する予定です。

ちなみに無印良品の衣類系などの福袋は12月上旬に抽選で受付をしていましたよー。

店頭での販売は福缶のみになっています。

③スターバックス /福袋

f:id:fortheshirt:20190105132318j:plain

こちらも皆さん大好きスターバックス。

2年くらい前から抽選のみの販売になりました。

倍率がどのくらいあるかはわからないわかりませんが、今回はなんと奥さんが当選!

僕は外れました………。去年は二人とも外れてたことを考えるとやっぱり倍率は高いですね。

6000円で中身は以下の通りです。

・二層タンブラー

・ブランケット(福袋オリジナル)

・ジッパーバッグ6枚(福袋オリジナル)

・サンドウィッチボックス(福袋オリジナル)

・コーヒー豆(粉)2種

・チャイ

・ドリンクチケット付きカード×4枚(610円分まで引き換え可能)

・トートバック(福袋オリジナル)

でした!

SNSなどを拝見してると細かいとこで違いもありますね。タンブラーが違う種類だったり。

福袋オリジナルの商品の金額がわかりませんが、ざっくりドリンクチケット含めて10000円〜12000円分くらい入ってるのかな?

正直中身の雑貨類は当たり外れありますが、豆とチャイとドリンクチケットで4500円分くらいかな?

そう考えたら抽選と購入のドキドキ感を味わえた分も合わせて、まあ満足といったところ。

僕はスターバックスにすごく熱い情熱があるわけではないのでこんな感想ですが、スターバックス好きの奥さん的には満足な内容だったようです。

ジッパーバッグは結構喜んでいました。

ワクワクを楽しみましょう!!

僕は売る側として福袋を販売したことありますし、前述しましたが、赤字で福袋を販売しているお店ってほとんどないと思います(大手なほど。)。

なので買う側もそういうことを理解して購入する方がいいのかなーと。

もちろん購入者にとってお得なほうがいいと思うのですが、気持ちとしては半分くらいは福袋を開けるワクワク感や正月感を経験をするのにお金を払っていると思う方が精神的ダメージも少ないと思います。(笑)

 

あと数点福袋を購入する予定なので、またご報告しますね。

 

それでは今回はこの辺りで!

【本・読書編】2018年 ベストバイ 買って・読んで良かった本

2019年、明けましておめでとうございます。

いやーベストバイの記事に精を出している間に年が明けていました。(笑)

ご挨拶は改めてということにして、最後のベストバイの記事を先にどうぞ。

 

さて、長きに渡って続いてきた2018年ベストバイの記事も残すは「本」のカテゴリーのみとなりました。

ファッション的な記事が多い僕のブログですが本も同じくらいかそれ以上に好きなのです。

読書というより本そのものが好きというか。

何故かなかなか記事が増えないのは、2018年は読書の時間がそこまで取れなかったことも関係ありそう。

少ない読書時間でしたがそんな中でもたくさん良い本と出会えた気がします。

 

今回はベストバイということで特に個人的に特に良かった本の一部をご紹介します。

 

他のベストバイの記事はこちら↓

 

www.lookforlife.jp

www.lookforlife.jp

www.lookforlife.jp

www.lookforlife.jp

概要だよ。

ベストバイの記事、毎度の概要です。

以下コピペです。

 

基本的には今年購入して(もしくはプレゼントで貰ったりして。)、実際使ってみて良かったモノを各カテゴリー5つずつ紹介します。

購入期間は2018年1月ー11月。

12月に購入したモノをベストバイ!って言われてもって感じですしね。

既に記事にしているアイテムも多いと思いますが、ファーストインプレッションで記事を書いてる時もあるので、実際使ってみてどうなのかも考慮します。

あとは思い入れも込みで。(笑)

ちなみに、順位をつけれるほどまとまったカテゴリーにならなさそうなので紹介する5アイテムは順不同です。

紹介するカテゴリーは「ファッション」「ファッション雑貨・小物」「日用品」「本」「無印良品」の予定です。

 

そして今回はさらに前置きを。

前置き。

今回の【本・読書編】に関しては「2018年に読んだ本」で選出したいと思います。

なので出版年月日が2018年とは限りません。

僕が今年読んで、良いと思ったら50年前の本も選出します。(今回はないけど。)

本は基本的にいつでも手に入るし、読んだタイミングがその人にとって新刊でもあると思うので、このような括りにしました。

 

それでは早速!

【本・読書編】2018年 ベストバイ 買って・読んで良かった本

①安楽死を遂げるまで/宮下洋一

安楽死を遂げるまで

安楽死を遂げるまで

 

今年のベストに近い本だったと思います。

これぞ読書体験!というのに相応しい内容でした。

「面白い!」と声を大にして言えるテーマではないのですが、日本人からは離れすぎている(けれど実は身近な。)テーマであるからか終始興味を持って読めました。ただ単に安楽死のケース紹介していくだけでなく、作者である宮下さんが取材を進める中で安楽死についての考えが変化していくのも良かったです。重いテーマですが是非多くの人に読んで頂きたいですね。これは傑作。

②異なり記念日/斎藤陽道

異なり記念日 (シリーズ ケアをひらく)

異なり記念日 (シリーズ ケアをひらく)

 

耳の聴こえない、「ろう者」の斎藤さんと、同じく「ろう者」である奥さんの間に「聴者」である子供が生まれた。3人の間には当たり前だけどそれぞれ「異なり」あって、ときに傷つくこともあるけれど、そこまで深く関わることで生まれる喜びもちゃんとあるーーーーー。

最初は興味本位というか、「ろう者」や「聴者」というワードに興味を惹かれて、読んだのですが「異なり」というのは当たり前だけど「人」と「人」であれば少なからずあって、その「異なり」があることで生じる摩擦に対してどう接するかで、他者との関係が良くも悪くも出来ていくのだろうな、と考えさせられました。同日に発売になった姉妹本とも言える「声めぐり」もいずれ読みたいですね。静かな感動作です。

声めぐり

声めぐり

 

③冬の本/夏葉社

冬の本

冬の本

  • 作者: 天野祐吉,佐伯一麦,柴田元幸,山田太一,武田花,友部正人,町田康,安西水丸,穂村弘,堀込高樹,ホンマタカシ,万城目学,又吉直樹,いがらしみきお,池内紀,伊藤比呂美,角田光代,片岡義男,北村薫,久住昌之,装丁:和田誠
  • 出版社/メーカー: 夏葉社
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 63回
  • この商品を含むブログ (46件) を見る
 

「冬」と「本」をテーマに書き下ろしたエッセイを著名人80人以上分収録しているアンソロジー的な本です。一人分のページは見開き2ページながら、各人の個性は十分出ていると感じました。

個人的には「ぼのぼの」で有名な漫画家いがらしみきおさんの読書に対する考えがかなり僕に近く、自分の思っていることを言語化してもらったような感覚に陥りました。

冬の間にゆっくり読みたい本。

和田誠さんの表紙イラストも良いですね。

④今日/訳:伊藤比呂美

今日 (福音館の単行本)

今日 (福音館の単行本)

 

毎回お祝いする時(誕生日、結婚記念日、クリスマスなど。)には奥さんに本をプレゼントするのですが、2018年のクリスマスはこの本をプレゼントしました。

ニュージーランド中心とした英語圏に伝わる作者不明の、子育てする母親にエールを送る詩です。

子育てしているとやっぱりお互いイライラしてしまう時ってありますよね。そういう時ってそれが特別にイライラする状況というよりも、自分の感情の置き場がたまたまイライラする位置に居て、そこに触れられてしまうという場合がほとんどだと思います。自分の気持ちを上手くコントロールすることがイライラを減らすポイントなのかもしれません。この詩はまさしく今の奥さんの状況にピッタリで、(僕も同じ状況とも言えるけど。)読んでて少し泣いてしまいました。奥さんもちょっと泣いてました。周りの子育てに奮闘する方に是非プレゼントしてあげて欲しい本です。

⑤人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに/堀口英剛

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

 

人気のモノブログ「monograph(モノグラフ)」の運営者堀口さんの初の著書です。

↓monographのHPです。

iPhone・Mac・ガジェットブログ "monograph(モノグラフ)"

僕は単純にモノグラフのファンでもあったし、ミニマリスト全盛(もう違うか。)の時代に「ときめくモノを集めよう」というテーマでお話をしているのも、僕としては共感が得やすかったです。ミニマリストに憧れはしますが、極端な例もあって参考にならないことも多いですしね。

男性の「モノ本」って実は結構少なくて、この本は僕が待っていたような本でもありました。

特に若い方には読んで頂けたら。

2019年もたくさん良い本に出会えたらいいなあ。

本や読書って僕の中では結構特別な存在で、ライフワークというか、こればっかりは買い続けて、読み続けるだろうなあ……という確信があります。

出版業界も厳しい時代が続いていますが、2019年も「ときめく」本に出会えるこを期待しています。

 

そして、長きに渡った2018年のベストバイの記事も今回で終わりです。

2019年末も多分似たような記事を書くと思いますが、もう少しコンパクトになったらいいかな。

とりあえず初めということで、こんな感じで。

 

次回からは通常営業(?)に戻ります。

 

それでは!!