look for life-人生を探して-

look for life-人生探して-

年収300万代30代既婚男子ピコポが手探りで探す人生の意味。と見せかけて日々の生活を通じて感じたコトや愛用のモノ、買ったモノを綴るブログ。ファッション、読書、音楽、日用品、日々の暮らし、そして文鳥など。いろいろなことを綴っていこうと思います。

【ベストバイ】2020年上半期ベストバイ発表!

f:id:fortheshirt:20200716151537j:plain

さてさて、早いもので今年も半分が終わりました。

ということは、ベストバイの記事の時期!

記事の時期……きじのじき……。

…えーと………上半期はバタバタと怠慢とで記事もあまり書いてないのに、ベストバイの記事を書いてしまうという暴挙。

どうかお付き合いください!

2020上半期ベストバイ【ファッション・雑貨編】

まずは概要です。

上半期はベストバイの記事はこれだけにしようかと思います。

子供が生まれたということもあり、そこまでいろいろ買い物してないし、なんか記憶ないということもありますので。(笑)

その分キュッと締まった、濃い内容になればと思います。

対象のアイテムは

2019年12月〜2020年5月までの間に購入したモノ。

極端な話、6月30日に購入して7月に「上半期ベストバイ!」とか言っても説得力ないですからね…最低1か月は使用したってことで

5つご紹介しますが、いつものように順不同でお願いします。

特にランキングというわけではないのです。

まあ、最初に書いてるのはパッと思いついたモノなので、勿論思い入れは高めですが…。(笑)

それでは早速ご紹介します!


2019年版はこちら↓

www.lookforlife.jp

①CONFECT(コンフェクト)              ハイカウントリネンレギュラーカラーシャツ

f:id:fortheshirt:20200716150044j:plain

最近お気に入りのブランド、コンフェクトのリネンレギュラーカラーシャツです。

僕としては所謂「勝負シャツ」というか、プライベート用シャツ。

というのも、以前もどこかで書いたのですが僕は仕事も私服です。

ですが、仕事着とプライベートでは結構服を分けてるタイプなんですよね。

服自体のジャンルは変わりませんが。

例えをかなり乱暴にいうと「仕事=無印良品」「プライベート=マーガレットハウエル」みたいな。

あくまで例えですけど。

コンフェクトのこちらのシャツは、プライベート用というわけです。

週1-2回しか着るチャンスのないプライベート用のシャツ。必然的に劣化も少ないので、一度購入したら数年単位で着れちゃいます。

それもあって、毎回購入のときには結構慎重になるのですが、これは当たりでしたねー。

リネンですが厚手で透け感は全くなく、だけどリネンなのでオックスフォードなどより雰囲気はあるという。

雰囲気…便利な言葉だ。(笑)

パリッとしたシャツに比べたら人を選ぶかもしれませんが、僕としては大満足です。

②CONFECT(コンフェクト)              バレンシアレザーショルダーバッグ

 f:id:fortheshirt:20200716150113j:plain

で、お次もコンフェクト。

こちらも前から欲しかった大判のレザーショルダーバッグです。

くったりとした非常に柔らかい革で、存在感のある鞄です

かなり悩んで購入したのですが、第二子が生まれたり、転勤したことによって生活のリズムが少し変わったので、実はあまり使えていません…。(笑)

今なんて使おうものなら、ヨダレでベトベトな洗礼を受けること間違いなし……うう…怖いよ。

梅雨の時は雨が気になって使えないし、夏はレザーで大判過ぎると主張が激しそうで使いづらい……。コーディネートのバランス悪そうですよね??

ということで、秋に再デビューの予定です!(笑)

ベストバイに選んでいるくらいなので、使いたい欲求はガンガンあります。

年内にブログでも詳しく書こうかな。

③RENEN(リネン)                                    ウール天竺カーディガン

 f:id:fortheshirt:20200716150936j:plain

引用-【楽天市場】【50%OFF】 (リネン) RINEN #R10083 Crew Neck Knit Cardigan(メンズ/ニットカーディガン/クルーネック/2/21ウール天竺編み/毛100%/ミドルゲージ//ココナッツボタン/ベーシック/シンプル/アースカラー/ナチュラル/ライトブラウン/グレー/日本製/送料無料/セール):C.POINT

真夏にウールカーディガンを紹介するっていうのもどうかと思いますが、上半期…半年間なのでどうしてもこういった現象は起きますよね。

ちなみに、他サイト様の引用なのはクリーニングにでしていて今手元にないから。(笑)

それはさておき、このカーディガンすごく可愛くないですか?

もういい歳したおじさんですが、この可愛さにやられました。

女性が着ても全然アリなデザイン(むしろ女性的?)で、ユニセックスで着れます。

大きめのココナッツボタンも良い味です。

秋口にはシャツの上から、冬はアウターの下にと活躍の場も多いですし。

そう言えば、店員さんが「ウォッシャブルですよー。」と言っていたことも購入した理由の1割くらいを締めているのですが、えーと…違うんだけど。洗えないんだけど。(笑)

普通に手洗いも不可でした。

なのでクリーニングへ。

まあ、可愛いから許す!

④ISLANDS SLIPPER(アイランドスリッパ) PBS705(シャワーサンダル)

f:id:fortheshirt:20200716150246j:plain

4つめはこちら。

先日記事にもした、アイランドスリッパのシャワーサンダルです。

先程とは違いグッと季節感がナウですね。(笑)

購入して2か月程ですが、なんやかんや履ける時は履いてるし、ラクだけど少し気分がパリッとなるサンダルです。

最近は多少雨の予報でも、履いてみたりしています。サンダルだし、いいかなって……。(笑)

今年の夏の休日は、ほぼこればかり履くような気が今からしています。

詳しくはこちらで紹介していますので是非。

www.lookforlife.jp

⑤REVOMAX2(レボマックス) 12oz

f:id:fortheshirt:20200716150320j:plain

最後はこちら。

紹介した中で頻度で言うと、圧倒的な回数使用しているモノがコチラ。(まあ、ファッションとはジャンルが違うけど)

コーヒー用に仕事の時はほぼ毎日持って行きます。

バッグの中でも絶対漏れないという安心感もあるし、保温保冷も良い感じ。

最近はアイスカフェラテモドキを淹れて、出勤前に冷えたコーヒーをクイっといくのが、朝のルーティンみたくなっています。

あまりに日常に溶け込み過ぎて、最早あるのが当たり前なのですが、自分の日常に違和感なく溶け込むモノが購入出来たって素晴らしいですよね

存在を忘れる程の、ある意味空気のような家族のような……あ、言い過ぎか。(笑)

まあ、とにかく鞄の中で漏れる心配がないので日常のストレスを一個取り除いたことになるし、かなり満足度の高いアイテムです。
こちらも以前ブログ書いてます。

www.lookforlife.jp

下半期も良い買い物を!

というわけで、上半期ベストバイでした。

ベストバイとか言ってますが、コロナ禍もありましたし購入しもの自体少なかったかなあ。

家具っぽいモノは結構買ったと思いますが。

下半期も引き続きのコロナ禍なので、そこまでモノを購入しないかもしれません。

ですが、だからこそ、数少ない消費の時には満足のいく買い物にしたいですよね。

収入も少ないし、子供もいるしで、下半期もいろいろ考えて、楽しくお買い物しようと思います。

みなさんもこんなご時世ですが、お買い物を楽しみましょう!

 

今回はこの辺りで、それでは!

夏はサンダル!アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER)レビュー

先日書いたように僕は本州の住むのは久しぶりで、約4年ぶりです。

去年の夏は札幌に住んでいたし、既に今の気温が札幌の真夏の気温に近い時もあるので、この後の暑さへの不安もありますが……まあ、生まれてから25年くらいは本州に住んでたし大丈夫でしょう。(笑)

それはさておき、本州に戻ったらやりたかったことの一つが「サンダルを購入すること」。

勝手に買えば?という感じですが、まあそう言わずに。

いつものようにタイトルでバレバレですが、購入したアイランドスリッパをレビューしつつ、そこへ至った経緯などを書き記しておこうかと思います。

購入を考えてる方の参考になれば嬉しいです!

サンダルを履こうGOGO!

さて、本州に戻ったらサンダル?

いや、勿論札幌でもサンダル履けるのですが、やっぱり夏が短いというのもあって、二の足を踏んでいたんですよね。

札幌って6月はまだ少し寒いし、8月の終わりにはもう少し寒いし……。(笑)

そこへ投資するというのが粋なのもわかりますが(この言い回しインスタで使ったな)、ちょっと躊躇していました。

ですが、今住んでいる場所は本州!

本州は5月からサンダルが許される風潮があるし(?)、大手を振って歩けるというものです。

サンダルだけに。(?)

というわけで、例によって僕のサンダル探しの旅が始まりました。

サンダルと言えば、近年はテバ、チャコ  、シャカの3兄弟(勝手に呼んでるだけです)に代表する、所謂「スポーツサンダル」なんかも有名です。

絶対流行らないと思っていたキーンの「ユニーク」なんかは、もう夏の定番になっているし。(余談ですが、大体僕が流行らないと思ったモノは後に定番化します。バンドカラーシャツとか笑)

最近は編み込まれたレザーが特徴的な「グルカサンダル」なんかも結構見ますよね。

でも、僕は基本的にグルグルなってるやつがあまり好きではないのです(自分が履く分には)。

スポーツサンダルもユニークもグルカサンダルもなんか……大体グルグルしてますよね!(?)

もう僕もいい大人だし、レザーを使って且つシンプルなサンダルなんかが良いんですよ。

というわけで、散々ネットを探し回って3つの候補に絞りました。

まずその候補をご紹介します。

①TOKYO SANDAL(トウキョウサンダル)

f:id:fortheshirt:20200629012715j:plain

引用-THE BOOTS SHOP ONLINE

まず気になってたのがコチラ。

Made in Tokyo のトウキョウサンダルです。

モデル数はそこまで多くないものの、一見してこだわりが感じられるラインナップです。

こんなのとかいいよなあ。

f:id:fortheshirt:20200629012748j:plain

引用-ONSEN SANDAL – THE BOOTS SHOP ONLINE

またサンダルと銘打っているのですが、ほぼ革靴なモデルもあり、サンダル以外にも欲しくなってしまいます。

これとか普通に商品名にシューズって入っていますし、完全に革靴です。(笑)

f:id:fortheshirt:20200629012818j:plain

引用-3 EYELET SHOES – THE BOOTS SHOP ONLINE

価格は¥35000-¥40000程となかなか本気な価格。

ですが、写真で見る限り決して高いと感じさせるような作りではなさそうですね。

いいよなーコレ

欲しいよなーコレ。

②Jutta Neumann(ユッタ ニューマン)

f:id:fortheshirt:20200629012845j:plain

引用-SIMONE- ROUND TOE(US7 ブラウン): 通常商品 - 通販 / ARKnets(アークネッツ)

お次はコチラ。

ニューヨーク在住のドイツ人デザイナーによるブランド「ユッタニューマン」です。

(僕的には)この数年で名前をよく聞くようになって、お高めのサンダルといえばコチラを想像するくらい知名度もあるブランドではないでしょうか。

全てハンドメイドでメイドインU.S.A。

見た目通り最初は硬い革らしいのですが、頑張って履きこむと自分だけの一足になる(らしい)という、なんとも所有欲を満たしてくれるブランドです。

カラーも渋めでカッコいいんですよね。

ただ「自分だけの一足にする」に至るまでの道のりは険しく、最初は血豆がどうとか、皮がどうだとか、高級革靴のようなエピソードもチラホラ。

お値段も完全に革靴で、大体のモデルが¥60000前後します。

しかし、唯一無二なデザインと重厚な雰囲気はやっぱり憧れますねえ。

③ISLAND SLIPPER(アイランドスリッパ)

f:id:fortheshirt:20200629013121j:plain

引用-2020年春夏ISLAND SLIPPER商品小売価格改定のお知らせ | ISLAND SLIPPER アイランドスリッパ 公式オンラインショップ

最後はこちら!

この中では一番取扱店舗も多そうで、知名度もありそうなアイランドスリッパです。

まあ、記事のタイトルや写真を見ての通りですが結果このブランドを購入しております。(笑)

さらっとブランドの説明をしますと。

アイランドスリッパは、1945年に創業のもう70年近い歴史のあるブランドなんです。

メイドインハワイを創業時から貫いているということや、履き心地が良いというのもあるのですが、僕に響いたのが「ハワイに移住した日本人が元々の原型を作った」というところ。

これは……完全にドラマやん!

個人的なことですが、最近はなるべく日本のブランド(いわゆるドメブラ)に投資したいなあという気分でした。

ですが、こういう話聞いちゃうと贔屓したくもなるよなあ。

ズルイ。(笑)

f:id:fortheshirt:20200629012914j:plain

引用-PT203 / PEANUT-BROWN | MEN | ISLAND SLIPPER アイランドスリッパ 公式オンラインショップ

僕が購入したモデルとは違いますが、セレクトショップなどで見かけるのは上の鼻緒タイプのモデルの方が多いかな?

とは言え、僕が購入したモデルも定番モデルなんですがね。

というわけで、本題であるアイランドスリッパのレビューをしましょう!

ISLAND SLIPPER(アイランドスリッパ)レビュー

f:id:fortheshirt:20200629013300j:plain

僕が今回購入したのはPTS705 のCOGNACというカラーです。

覚えにくい品番ですが、シャワーサンダルとか検索したら出てくるので。

カラーはキャメルに近い色です。

ちなみにこのブランド、同じモデルでもカラーや素材違いの展開が豊富で、このモデルも定番、限定、別注など含めると10種類以あります。

価格は、¥18000(税抜)。

価格は上で紹介した2ブランドよりも控えめ。

とは言え、サンダルでこの価格って僕は結構頑張りましたよ。

仕事で履く靴より遥かに高額だわ。(笑)

では、なぜ僕がそんなアイランドスリッパを選んだのか?をお話します。

何故アイランドスリッパを選んだ?

アイランドスリッパを選んだ理由……。

これはですね、インスタグラムでもサラッと言いました。

トウキョウサンダルもユッタニューマンもすごく良さそうですよ。

正直欲しい。

では何故アイランドスリッパを選んだのか?

その理由はですね。

……端的に言うと、価格です!(笑)

いや、まあ、頑張ればトウキョウサンダルだって、ユッタニューマンだって買えなくはないですよ……。

うん…かなり頑張ればね。

いや、厳しいかな…。

もう少し詳しく言うと、すごく個人的なことなんですが僕は高額(まあ¥50000〜とか?)と言われる革靴をパラブーツのミカエルしか持っていないんですよね。

そもそも持ってる革靴ほぼそれだけだ。

あとは、冠婚葬祭用にスコッチグレインのストレートチップくらい。

だからというか、気持ち的に「今レザーサンダルに4万も5万も使う!?」みたいな感じになってしまって……。(笑)

「だったら革靴買わない!?」みたいな。

「シャンボードを買わない!?」みたいな。

そんな気持ちになってしまって、あまり高額過ぎるサンダルを躊躇してしまいました……。

と書くと、なんだか妥協みたいに聞こえますが、元々アイランドスリッパ自体もずっと気になっていたし、収まるところに収まったという感じですかね。

もう一回言いますが、妥協じゃないからね!

アイランドスリッパのサイズ感、履き心地、見た目をレビュー

というわけで購入したアイランドスリッパ。

早速レビューしていきます。

同じ写真ですが、見た目はこんな感じ。

 f:id:fortheshirt:20200614180212j:plain

サイズは8です。

僕は普段のスニーカーなんかは26cm-26.5cmを履いています。

サイズは若干キツめのジャストかな。

レザーにはスムースレザーとスエードが使われています。

やっぱりこのタイプにして良かったなあ。

正直、鼻緒タイプを自分が履くイメージあまりつかないです。

 f:id:fortheshirt:20200614180303j:plain

ロゴの下によく見ると「MADE ON OAHU」。

ハンドメイドなんですよ。

ハワイでハンドメイド、それだけでちょっと嬉しいですよね。

 f:id:fortheshirt:20200614180340j:plain

実はすでに2回ほど履いているので、うっすらと足の跡が残ってるのお分かりでしょうか?

インスタなんか見てると、履き込んでいくうちにガッツリ自分の足の形になるようです。

自分だけの一足になる喜び……!

クッションが沈んだり、足に汗をかくからですかね。

f:id:fortheshirt:20200614180416j:plain

ソールは厚めで、履き心地も良好です。

クッション性も良いし、土踏まずがフィットするように作られていて履いた感じはなかなか。

僕の直近で履いていたサンダルはヘンリーヘンリーのペラペラサンダルだっのですが、流石に違う。

値段も8倍くらい違いますが。(笑)

f:id:fortheshirt:20200614180532j:plain

履いてみるとこんな感じ。

このために足の毛剃ったんだぜ……!!

f:id:fortheshirt:20200614180617j:plain

サイズがすごくジャストだな……どうなんだろうかコレ……。

でも、アイランドスリッパってハーフ刻みではないんですよね。1cm刻み。

革が伸びたりすることを考えたら、これが正解だったと思います。

思いたいです。

うん、良い感じ!

アイランドスリッパのイマイチなポイント

アイランドスリッパの良い点なんかを挙げてきましたが、イマイチな点も挙げておきましょうか。

アイランドスリッパというか「レザーサンダルの」という感じになりますが。

 f:id:fortheshirt:20200614180509j:plain

①雨に弱い!

まずはコレ。

5月くらいから履けちゃうサンダル。

梅雨を乗り越え、ビーチで大活躍する存在のはず……本来ならば。

だけど、こちらはレザーサンダル。

当然水分に弱いです。

サンダルなのにビーチで履けない(わけじゃないけど)という矛盾。

というか、ハワイアンピーポーはビーチで履いてるんでしょうか?

ハワイで雨が降らない(ことはないだろうけど)と言っても、ビーチに赴けば少しは濡れると思うのですが……。

みんなそんなの気にしないのかな?

②履き心地いいけど……

あと、別にディスるつもりではないのですが……。

アイランドスリッパ、確かに履き心地はいいですよ。

良いのですが、それってつまり(サンダルにしては)履き心地が良い。ですよね?…うう…言ってしまった。ごめんなさい。

いやね、アイランドスリッパを調べていると「履き心地良い!」とか「極上のフィット感!」とかいろいろ良い感じのことが書いてあるんですよね。

そうするとなんだか、体験したこともないようなフィット感が味わえる。

みたいな勘違いしちゃいまして……。(笑)

まあ、それは僕が悪いと言えば悪いのですが札幌に住んでいたということもあって、サンダルを履く生活から離れていました。

ずっとスニーカーだったものですからアイランドスリッパを履いてもめちゃくちゃ最高な履き心地!」とはならなかったよ……正直。

スニーカーと比較で考えたら……まあ普通かな?という感じ。

勘違いしないで欲しいのですが、決して悪いと言う訳ではないので!

履き心地を担保しつつ、レザーサンダルなので大人顔というか、サンダルなのにカジュアル過ぎないのがアイランドスリッパの魅力だと思ってるので!

③足の跡は気になる人はいそう

これもレザーサンダルの宿命だと思うのですが、素足で履くと、汗などでインソール(と言っていいのかわからないけど)に足の跡が残ってしまう現象が起こります。

自分だけの一足になっていく過程とも言えますが、多分他人から見た時に「好印象!」とはならない気がします。

こればかりはしょうがないですかね。

靴下を着用して履けば、抑えれるとは思うのですが、せっかくスエードで肌触りも良いのに靴下かあ……って気分ですし。

まあ、サンダルを履いてくようなシチュエーションで、脱いだときを見せられない人がいる、というパターンはあまりないと思うので大丈夫かな。

今年はたくさん履くぞー!

いろいろ書きましたが、今もガンガン履いてますしなんならゴミ捨てに行く時なんかも履いたりと、履く機会を虎視眈々と狙っているくらいには気に入っています。

今は梅雨ということもあって、休みの日でも履けない日があるのですが、梅雨が明けた際には休みの度に履いてやるんだ!と意気込んでおります。

みなさんも今年こそはアイランドスリッパどうでしょうか??

一度ご検討ください!

 

今回はこの辺りで、それでは!

カムバックします。よろしくお願いします!

f:id:fortheshirt:20200610154530j:plain

いやー大変だコレ。コレ大変だ。

いつの間にか4ヶ月以上更新してない…。

しかも前回は1月末というなんだか、なんともなタイミングで止まってるし……。

お仕事的には新型コロナの影響は受けまくっておりますが、幸いと言いますか僕自身は直接何かあったわけではないので……。

 

じゃあ、何故4ヶ月間ブログ書いてなかったか……!?

そんなわけで今回は(ブログの)リハビリがてら、近況をサラッと報告しておきます。

まあ、みなさん興味ないことだとは思いますが、ちょっとリハビリとして雑記っぽいことから書かせてくださいよ、最初は。

えーと…転勤してました

まずはこれですね、最近転勤したんです。

最近ってもう数ヶ月経ってますが。

ギリギリでしたが、コロナ自粛の前だったので、転勤自体はスムーズに行えたのですが、家族3人分を一人で引っ越し準備をしたので(理由は後述)、バタバタしてました。

今は引っ越して落ち着いて、だいぶ新天地での生活にも慣れました。

そういえば、前は北海道は札幌在住でブログ書いてるっていうのは僕の若干のアイデンティティというかセールスポイントというか、だったのですがその冠とれちゃうな……。

引っ越し先は久しぶりの本州で、大体真ん中辺りです。こっちは既に暑い日もあったりだなあ……。

4年弱札幌にいたので、今年の夏が心配だわ……。

あと、子供生まれました

続いてこちらです。

以前までのブログで書いてたか忘れてしまったのですが、先日…と言っても結構前ですが第二子が誕生しました。

奥さんが里帰り中に、世間でコロナが徐々に広がっていったので、僕自身は我が子に会うのが遅れてしまいましたが(2-3回会うのを延長したりしました)、無事に対面を終え、今は一緒に住んでいます。

奥さんが里帰りした後に転勤だったので、家族全員分の引っ越し準備を一人でしなければいけなかったんです。

これは地味にキツかったなあ……札幌にいる間に子供が生まれたりしたので、今までで最大に荷物が多かったです。

で、休業と

4人家族になって、そのまま子育てに仕事に追われる日々が訪れ……ようとしていた時に休業になってしまったんです。

休業中はちょくちょく仕事しながら、ほぼ家族と過ごしていました。

というか、これは最早タイミング的に、育休が取れたって感じですね。(笑)

ある意味助かりました。

勿論給料は多少下がる予定ですが……。

そして、休業までしたら逆にブログ書く時間がありそうと思いますよね。

僕もそう思っていました。

「おーし、ブログいっぱい書いちゃうぞー!」みたいな。

ところが蓋を開けてみると……。

まあ、本当に育休になったというオチでした。(笑)

当然と言えば当然ですが、一日中家にいるので子供世話しないといけません。

やたら早く起きる我が子に合わせて朝はそこそこ早く起きていたのですが、そこからはエンドレス子供。

まあ、子供のいる方ならよくある一日だとは思うのですが。

例えばのある一日は

 

6:30-7:00の間に起きる。

テレビ(うちの場合は大体ピクサーとかの映画)つける

朝ご飯を食べる

映画2本目

昼ご飯を食べる

子供は寝たりする

束の間の自由(大体は引っ越しの残りを整理)

公園などへ連れて行く

夕ご飯

お風呂入れる

寝かしつける

束の間の自由時間

寝る

 

とまあ、こんな感じの過ごし方が大半でした。

自由な時間もあるはあるのですが、不思議と筆が(というかスマホ)進まなくて、いろいろ欲しいものを物色したりしておりました。

 

仕事を約1カ月休業していたのですが、久しぶりに「あ、もう一日が過ぎた……。」みたいな気持ちを味わいましたね。

夏休み中に、特に何もせずに1日を過ごしてしまったような感覚。

わかりますかねえ?

そんな日々ももう終わりにします

うーん…思えば前回ブログ書いたときから世の中大きく変わってしまったなあ……。

まさか、マスクを3カ月も毎日つけ続ける日々が続くなんて思っていなかった。

このまま終息したら勿論良いとは思いますが、油断のないようにしないといけませんね。

僕の書いてるブログなんかはファッションとか日用品を紹介することがメインだし、まさしく不要不急な部分もある…。

ですが、僕も販売員の端くれなので、みなさんには無理のない範囲でお買い物なんかも楽しんでもらいたいと思いますし、このブログがそれを楽しむための手助けになれば良いかと思います。(そんなコンセプトだったけ?)

というわけで、ブログ再開宣言でした。

次回は、この半年近くで購入したものを紹介していこうかな。

 

今回はこの辺りで、それでは!

新しいパパの教科書

新しいパパの教科書

 

MUJI Labo(ムジラボ)2020春夏始まってます。こっそりし過ぎでしょ

f:id:fortheshirt:20200126135500j:plain

無印良品大好きな方はご存知でしょうが、2019年の12月末から2020年1月中旬まで無印良品のオンラインのシステムが利用できませんでした。

全て調べたわけではないのですが、システムの移行が上手くいかなかったようで、会社としてもかなりの損失があったようですね。

僕もちょうどネットで家具を調べたかった(なんなら購入したかった)のですが、なんという間の悪さ……。(笑)

そんな中、MUJI Labo(ムジラボ)の2020SSがスタートしていたのでご紹介します。

去年も同じタイミングでご紹介していましたね。

www.lookforlife.jp

毎回ふわっと始まるムジラボですが、前述の騒動もあってか、今回はいつも以上にこっそり始まった印象です。

やましいことでもあるのか?というくらいにこっそりだなあ。(笑)

MUJI Labo(ムジラボ)って?

今更感はありますが、ムジラボについて少しご説明。

ムジラボは無印良品のアパレルの上位ラインといった位置づけで、展開店舗が限定されているラインです。(単純に上位と言っていいのかはわかりませんが)

毎月テーマを決めて、それに準じたアイテムを販売しています。

また、完全にユニセックス扱いで、トップスのサイズは基本的に「XXS〜XS」「S〜M」「L〜XL」という感じ。

価格も通常の無印良品のアパレルと比べて1.5倍〜2倍します。

そのかわりですが、デザインはなかなか挑戦的で所謂ドメスティックブランドっぽいデザインを取り入れているので、いつもの無印良品とはかなり違う印象ですね。

通常のラインだと見かけないドロップショルダーも、ムジラボでは寧ろトップスはそれしかないというくらいにドロップショルダーばかりです。

パンツもムジラボではワイドパンツが定番になってるように、トレンドをかなり取り入れているのが特徴です。

そんなムジラボの2020年春夏アイテムを、ピックアップしてご紹介します。

※ちなみに僕の住んでいる近隣にはムジラボがありません……なのでこの記事はオンラインストアを見た感想になってしまいますが、ご了承ください……。今度行く機会あれば見てきます。

MUJI Labo(ムジラボ)2020春夏

前述の通り、今年のアイテムも昨年と同様に月ごとのテーマに沿って発表されるようですね。

1月は「コート」。

それでは早速ご紹介します。

f:id:fortheshirt:20200126134933j:plain

引用-MUJI Labo | 無印良品

撥水スタンドカラーコート

f:id:fortheshirt:20200126140027j:plain

引用-撥水スタンドカラーコート XXS~XS・カーキ 通販 | 無印良品

価格は、税込¥17900。

こちらのカラーは黒ですが、写真を見る限りややネイビーっぽさもあります。

「コート」がテーマということもあって、こちらが1月のメインアイテムになるのではないでしょうか?

スタンドカラーで撥水加工のされた、ナイロン100%のハリのある素材感のコートです。

おそらく裏地なしの、軽い感じでの着こなしを想定してると思います。

ユニクロのようなブランドから、お高めのドメスティック  ブランドまで様々なブランドがコートを発表しているので、さすがに襟元がレギュラーカラー(と言ってもいいのかわかりませんが)のコートは皆さん持ってることでしょう。

そんな中で、敢えてスタンドカラーのコートは面白いですよね。

着丈もそこまで長すぎませんが、写真を見る限りではトレンドを抑えたゆったりシルエットです。

そして、ダブルジップであることもポイント。

昨年の同じタイミングで販売していたコートは、正直かなり使いづらそうな印象ですが、今回はかなりいいバランスで仕上がってると思います。

少なくとも一回着てみたい!と思える出来ではないでしょうか。

f:id:fortheshirt:20200126140058j:plain

引用-撥水スタンドカラーコート XXS~XS・カーキ 通販 | 無印良品

カラー違いでカーキもあります。

これもオリーブ(緑)というより、グレーの延長にありそうないい色ですね。

価格はそれなりにしますが、サイズ感が合えば購入しても良いくらいの印象です。(写真では)

f:id:fortheshirt:20200126140111j:plain

引用-ストレッチライトオンスデニムスタンドカラーコート XXS~XS・ブルー 通販 | 無印良品

ちなみにストレッチライトオンスデニムを使用した、デニムバージョンもあります。

価格は同じ、税込¥17900。

カラーが写真のブルーしかなくて、個人的にはイマイチですが、女性なんか着ると可愛いかもしれませんね。

②ジャパンファブリックインディゴシャツ

f:id:fortheshirt:20200126140137j:plain

引用-ジャパンファブリックインディゴシャツ XXS~XS・ブルー 通販 | 無印良品

価格は、税込¥7900。
こちらのカラーはダークネイビーです。

2019の秋冬であったシャツと同じ形かな?

ムジラボでお馴染みのジャパンファブリックインディゴを使ったシャツです。

スナップボタンで、胸ポケットの以外にサイドにもスラッシュポケットがあり、程よくドロップショルダーなシャツジャケット的なアイテムです。

というかほぼ薄手のコーチジャケットですかね。

何故かはわかりませんが、胸ポケットがやたら低いです、どこかのブランドを真似たディテールなのでしょうか?

2019秋冬で結局悩みに悩んで同じ形の白シャツを購入しなかったのを、未だに若干悔やんでいます。(笑)

実際見ていい感じだったら買うかもなあ。

f:id:fortheshirt:20200126140155j:plain

引用-ジャパンファブリックインディゴシャツ XXS~XS・ブルー 通販 | 無印良品

カラーは他にブルーもあります。

でも、個人的にはダークネイビーかなあ?やっぱり。

f:id:fortheshirt:20200127172915j:plain

引用-ジャパンファブリックインディゴスタンドオープンカラーシャツ XXS~XS・ブルー 通販 | 無印良品

ちなみに同素材、同カラーでオーピンカラーシャツのタイプもありまして、そちらの形で白シャツが3月に発売するようです。

ただ僕はオープンカラーシャツが苦手なので、出来ればレギュラーカラーで作って欲しいなあ……。

③撥水ブルゾン

f:id:fortheshirt:20200126140218j:plain

引用-撥水ブルゾン XXS~XS・カーキ 通販 | 無印良品

価格は、税込¥14900。

先程のスタンドカラーコートと同じ素材、同じカラーでブルゾン、というかMA-1も発売しています。

個人的にはこの手のアイテムは着ないのですが、よくあるツヤツヤのブルゾンではないので、大人っぽい印象ですし、着回しはしやすいかな?

でも、¥14900かあ…だったらコート買うかな?というのが正直なところです。(笑)

ちなみに、こちらもストレッチライトオンスデニムバージョンがあります。

④ストレッチライトオンスデニムイージーパンツ

f:id:fortheshirt:20200126135133j:plain 

引用-ストレッチライトオンスデニムイージーパンツ 男女兼用XS・ダークネイビー 通販 | 無印良品

価格は、税込7990。

パンツのサイズは、XS〜XLまであります。

カラーはシャツと同じく、ダークネイビーとブルー。

スタンドカラーコートのデニムと同じく素材かな?

ストレッチライトオンスのデニムを使用したイージーパンツです。

ムジラボのパンツと言えば、ジャパンファブリックのデニムですが、こちらはさらに軽い素材感になるようです。

所謂クライミングパンツをモデルにしてるので、イメージとしてはワイドなグラミチでしょうか。

ジャパンファブリックデニムと比べるとやや生地がのっぺりしてそうですが、どうなのかな。

f:id:fortheshirt:20200126140233j:plain

引用-綿混撥水ワイドイージークロップドパンツ 男女兼用S・カーキグリーン 通販 | 無印良品

多分同じサイズ感でで「綿混撥水ワイドイージークロップドパンツ」という名前の素材違いのパンツもあります。(詳しいサイズ表記がありませんでした)

カラーはコートやブルゾンと同じですが、コットンとナイロンを混ぜている素材です。

でも、こちらよりはデニムがいいかなあ?

2月以降もおたのしみに!

f:id:fortheshirt:20200126134916j:plain

引用-MUJI Labo | 無印良品

2月以降も、月ごとのテーマはすでに決定しているようですね。

 個人的には2月のスウェット、3月のシャツが気になります。

取扱店舗限定なので実物を見るのが難しい方も多いでしょうが、オンラインでも発売はするので、いつもの無印良品とは一味違うムジラボ、是非チェックしてみてください。

また、気になるアイテムあればご紹介しますね。

今回はこの辺りで、それでは!

【ブログのこと】ブログ2周年 200記事 累計300000PV これまでとこれから

どうもピコポです。

今回は久しぶりにブログガー的な(?)記事を書きます。

さて早いもので、このブログも無事2周年を迎えることが出来ました。(厳密には過ぎてますけど)

そして、本記事でブログ内でちょうど200記事なのです。

平均すると1年100記事ですか。

まあまあ頑張ってるかな。

さらにさらに無理くりまとめますが、はてなブログの集計によると累計で300000PVが目前、記事をUPするころには達成しています。

というわけで、半ば強引にいろいろ重なったので、まとめて振り返ってしまうという欲張りな記事です。それではどうぞ!

祝!2周年、ありがとうございます!

f:id:fortheshirt:20200126020157j:plain

本ブログはこの1月でめでたく2周年となりました。

この2年で僕の周りはいろいろ変化して、まあ、大きくは子供が産まれたってことなのですが、ブログが2周年を迎えた今も、というか年明けてから、僕の周りに環境が現在進行形で変化しまくっております。

まあその辺りは、もう少し落ち着いたらご報告でもしようかと思います。

2年前に子供の誕生より一足早く産声を上げたこのブログ。

未だに内容もフワフワしていますが、なんとか続けてこれたのは、みなさまが読んでくれている方に他なりません。

ただ僕のブログの読者様は存外恥ずかしがり屋さんが多いようで、未だにコメントは全くつきません。(笑)

まあ、僕もツイッターの更新が記事の更新時にツイートするくらいの素っ気なさですし、僕が誰かにコメントしてるかって言ったらしてないので、多くを望みわけではないのですが。

僕のブログを定期的に読んでくれている方がどれくらいいるのは不明のままですが、3年目もマイペースに更新を続けますので、どうぞ引き続きご贔屓にお願いします。

累計200記事!継続は力なり

そして累計で200記事もこの記事で達成します。

最近は専らレビュー記事が多いですが、初期の記事を見ると、いろいろしようとしていたのも伺えますね。(笑)

これとか。

www.lookforlife.jp

これとか。

www.lookforlife.jp

この企画どこいったのかなあ?

まあ、今もフワフワな状態で記事を書き続けていますが、ここ最近は(一応)自分にしか書けない記事を書くように心がけています。

なので、基本的にはキューレーションサイト的なまとめの記事は書かないようにしていて、もし書くとしても僕の趣味趣向が多分に含まれている記事を書くように心がけています。

普通のことですが。

教養のなさから、言葉使いや文章の構成などにはツッコミどころが多々あるとは思いますが、情熱はそこそこ、それなりにかけているつもりなので大目に見ていただきたいです。(笑)

これからもナンバーワンではなく、オンリーワン。

オールフォーワンではなく、ワンフォーオールの心構えで精進していこうと思います。(?)

累計300000PV達成!30万回見られてるのか、すごいな

さらにさらに、このタイミングで累計300000PV(はてなブログアクセス解析調べ)を達成したのでご報告します。

累計なので、そこまで参考にならないかもしれません。

時間をかければ理論上は誰でも達成可能なので。

2年前に月間100PVから始まったこのブログも、亀より遅いスピードで成長していて今月は初めて月間20000PVを達成出来そうです。

2年間ブログしてきて月間20000PVって、多分結構ショボい部類だと思うんですよね。

途中で辞めてしまったブログとかは除いて、継続しているブログとしては。

ネットやSNSで目につきやすいブログは当然人気ブログなわけなので、そのようなブログと比べるとこのブログは大きめのホコリくらいの存在でしょう。

それでも、毎月……とは最近はいきませんが、数ヶ月単位で見たら伸びている傾向にあります。

なのでいつかは、月間1000000PVとかも可能になるのかなあ?

ともかく、これからもマイペースで頑張っていきます。

ブログのこれからの話

で、ここまでが2年間のブログの振り返りなのですが、ここからはこれからの目標というか展望をお話します。

と言っても本当にふわっと思っているだけなので、(いつものように)実現しない可能性も多分にあります。

①はじめに

まず初めに重要なことですが、当ブログというか僕は…2020年YouTubeに参戦……しません!(笑)

……これまで通りブログを続けていくので、引き続きよろしくお願いします。

突然どうした!?って感じですよね。

いや、あのですね、最近僕の好きなブログ書いてる方々結構YouTubeに参戦していまして。

特に去年(2019年)は多かったなあ。

それ自体はいいのですが、大体ブログの更新頻度が激減していくんですよね……。

それは当たり前の話で、今までブログ1本に心血を注いでいたのが、追加でYouTubeも始めたらそうなりますよね。体は1個しかないわけだし。

まあ、YouTubeって天井知らずというか、米津玄師さんみたいに1動画で1億PV以上とかなるわけですし、魅力的なコンテンツですよね。

単純な比較をしてもしょうがないのですが、ブログの1記事が1億PVって現実的にあり得るんでしょうか?多分ないよなあ……。

時代の流れ的にしょうがないとはいえ、少し寂しい思いをした2019年だったので…単なる愚痴でした!(笑)

②ブログの目標的なこと

ブロガー用の記事とかはそこまで書く機会がないので、一応アクセス数とかの目標も定めておきましょうかね。

2020年は……

・月間30000PV

・累計600000PV

・100記事

を目指します!

今は月間20000PVなので10000PVアップが目標です。1日換算だと333PVですか……結構厳しいな。(笑)

 

そして、年間通しての平均月間PVが25000なら累計PVも600000達成出来る計算です。

 

あとは、兎にも角にも記事を書かないといけないと思うので、100記事目標で。

大体月で8.3記事、週に2記事ですね。

うーん…これも結構ハード。

 

今のデザイン全然いじらない、改行もなんかおかしい、写真もなんかおかしい、という状態でブログを続けてどこまでPVが伸びるのか不明ですが、とりあえず続ければ伸びると信じて頑張ります。

ちなみに、去年(2019年)はほぼスマホだけでブログを書いていました。

パソコン使った時なんて……覚えていないくらい前な気がします。

③ぼんやり今後の展望

さて、突然ですがこのブログのコンセプトをトップページからの引用でご紹介します。


「年収300万代30代既婚男子ピコポが手探りで探す人生の意味。と見せかけて日々の生活を通じて感じたコトや愛用のモノ、買ったモノを綴るブログ。ファッション、読書、音楽、日用品、日々の暮らし、そして文鳥など。いろいろなことを綴っていこうと思います。」

 

こんな感じです。へーそうなのかあ。

子供が産まれてからはプラス子供要素もありますが、今このブログはほぼ「購入したモノをレビューするブログ」になっていると思います。

それはそれでいいのですが、ちょっと思うところがありまして……。

僕のブログを熱心に読んでいる方なら僕が「本好き」であるということご存知だと思います。

そして、「その割に本全然紹介しないよね!」ということもご存知かと。

まあ、そんな熱心な方がいるのか知りませんが。

完全に言い訳ですが、子供も産まれたし、ブログもしてるしで全然本読めないんですよね!

しっかり調べて、感想まで書こうと思ったらかなり難しい……。

ですが、そうこうしている間に世の中は新しい本で溢れているんですよ。

本は発行数が年間数万点とも言われています。

ということは、長い人生の中で読める本は、国内で発行されてる本に限ってもほんの一握りだと思います。

知らない間に発売されて、知らない間になくなっていく……。

そんな本達と、それを必要としている「誰か」を繋ぐブログを作りたいなあ……と、ふと思ったのです。

もう最近は本を読むより、販売したり、紹介する方が好きなんですよね。(笑)

このブログではあまり好みませんが、例えば更新頻度優先でそれこそキューレーションサイト的な、本とその周辺に特化したブログ。

勿論、普通の本屋に行ったらすぐに目のつくような本はあまり紹介せずに、僕のフィルターを通して、バロバリ主観で面白そうな本をひたすら紹介するブログ。

1つの記事も500文字から多くても1000文字に収めて(ちなみにこの記事は約4000文字です)、サクッと読める内容にして。

そんなブログどうでしょうかね?今存在するのかなあ?

所謂セレクトブックストアのツイッターや、インスタグラムがイメージとしては近いのかな。

お店でなくて、個人のブログな分もっと自由度はあると思いますが。

ただ問題もあって……ってまだ始めてもいませんが。(笑)

そのブログは「本はまあまあ好きだけど、なかなかいい本に出会わない」という方を、メインのターゲットにしたいんですよね。

これが難しい。

普通にブログを立ち上げても、結局本が好きな方しか読みに来ないような気がするんですよね。(来てくれるだけでもありがたいのですが)

どうにかして、「まあまあ本好き」な方に届く方法を考えたいのですが……。

実店舗でいうと近いイメージは、例えば「アウトドアイベントに赴いて、アウトドアやその周辺の本を販売する」みたいな、そんなイメージ。

まあ、それはもしかしたら、まずブログを立ち上げて、そのブログが軌道に乗ったらでいいのかもしれませんが。

 

このブログでそれをしたら、わけわからなくなりそうなので、流石に記事を分けたほうがいいなと。(笑)

ぼんやりそんなことを考えています。

完全にブーメラン刺さってますが、先程言ったYouTubeと同じでこのブログの更新頻度が減る予感もするので、始めるかはもう少し考えますが。

まあ、そんなことを考えたりもしています。

2020年も、3年目もよろしくお願いします

というわけで、ブログの近況や今後の展望なんかについて書きました。

3年目なんてやっと新人じゃなくなるくらいの時期ですし、気張らずにマイペースでやっていきます。

でも、うっかり僕のブログが大人気になる夢もやっぱりみちゃいますよね。

人間だもの。

今日はこの辺りで、それでは!

今日からはじめて、月10万円稼ぐ アフィリエイトブログ入門講座

今日からはじめて、月10万円稼ぐ アフィリエイトブログ入門講座

  • 作者:鈴木 太郎,染谷 昌利
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2019/11/22
  • メディア: 単行本
 

【欲しいモノ】30代ギリギリ書店員が2020年欲しいモノ

と言うわけで、今回は毎年(と言っても2回目ですが)恒例の「今年欲しいモノ」の記事です。

各アイテムの各メーカーやブランドの企業努力によって、いくら欲しいモノを購入しても僕の物欲はなくなることはないのですが、その中でも今年は(僕のなかでは)そこそこ高額な大物を狙いにいきたい所存でございます。

まあ、完全な自己満足記事なので誰かの役に立つこともおそらなくないと思うのですが、広い心で読んで頂ければ。

それでは早速!

www.lookforlife.jp

30代ギリギリ書店員が2020年に欲しいモノ

あ、少し概要なのですがこの「欲しいモノ」というのは僕個人が欲しいモノなので、基本的にはファッション的なアイテムになります。

世帯というか家族的な欲しいモノだと、本棚とかTVボードですかね?今年購入しそうなモノは。

そちらも購入したらご紹介はします。

今回は5個程紹介しようと思っているのですが、特に優先順位やランキングではなくて、順不同ということで。

前述しましたが、今年は(僕の中では)少し高額なアイテムを狙いたいと思っています。

そうするにあたっての決意表明というか、自戒の意味も込めています。この記事は。

初心を忘れて、よくわからないモノを購入する悪い癖が出ないようにしようと。

①コンフェクト/バレンシアレザーショルダーバッグ

f:id:fortheshirt:20200124140833j:plain

引用バレンシアレザーショルダーバッグ|nest Robe ONLINE SHOP

価格は、税抜¥48000。

まず最初はCONFECT(コンフェクト)のレザーショルダーバッグです。

バックパックタイプだったり、ショルダーだったり、トートだったり、その時々で変わるのですが、レザーバッグはもう何年も欲しいと思っていて、過去にそのようなことを記事でも書いたりしています。

それでも購入していなかったのは、高額であるというのは勿論ですが、札幌在住だとブランドによっては実物が見れなかったりすることも大きかったです。

やっぱり高額なモノ程実物を見ないとですよね。

納得した上で購入したいですし。

で、このレザーバッグですが、実物見たことあります。試着(?)もしたことあります。

クタっとしていながら厚みもしっかりとあって、雰囲気は抜群。

比較的大判のショルダーながら、ブランドの提案としては、あまりモノを入れずにファッション的に使って欲しいアイテムらしいです。

そんな点も逆に好感が持てます。

アウトドアブランドが好きということもあって、僕はバッグについつい実用性を求めがちなのですが、このような言ったある意味「余裕」のあるバッグも欲しいなあ、と。

そもそも、バッグでレザーっていう時点で現代においては(実用性という意味では)最適解でもないでしょうし。

そう考えたら「余裕」を持たせる提案をしているバッグの素材がレザーであるって、ある意味正解な気がします。

地味に人気商品らしくタイミングによってはしばらく入荷がないので、そこが難点なんですよねー。

ですが!!今、このタイミングだとオンラインストアは在庫あるので気になった方はお早めに!

(2020年1月末時点です)

僕はというと、再入荷のタイミングが予想より早すぎて金銭的な意味で少し躊躇しています。(笑)

②パラブーツ/シャンボード

f:id:fortheshirt:20200124140846j:plain

引用-CHAMBORD/ACTEM | Paraboot

価格は、税抜¥65000。

続いてはこちらです。

これはもうアレですよね。

昨年ミカエルを購入して、パラブーツの魅力にやられてしまった……という感じかな。

そろそろ新しい革靴欲しいなあ……なんて思いつつ、いろいろ探してみると結局パラブーツでいいか!という感じになるという。(笑)

勿論革靴の選択肢はいろいろあると思うのですが、僕は革靴デビューが遅すぎて、デリケートな、所謂コードバンとかの革靴を愛でれる余裕がないんですよね。今は。多分。おそらく。

だったら多少ラフに扱える、扱ってもおかしくないパラブーツがいいのかなと。

で、チロリアンシューズタイプのミカエルを持っているので、次はシャンボードにするか!みたいな。

この2足があれば、とりあえずはかなり使いまわせそうですし。

どのタイミングで購入しようかなあ……。

www.lookforlife.jp

③オーベルジュ/ローデンコート

f:id:fortheshirt:20200124140907j:plain

引用-男ゴコロを直撃! オーベルジュのローデンコートの凄味とは?|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

価格は、税抜¥98000。ぐぐぐ……たっかいなあ…。

僕も最近まで知らなかったブランド、AUBERGE(オーベルジュ)のコートです。

少し話は逸れてしまいますが、僕は割と熱烈な雑誌「BEGIN(以下ビギン)」の読者なんですよね。

もう何年も毎月立ち読みをしていて……というとツッコミが入りそうですが。

勿論購入したこともありますし、一応昨年からは楽天マガジンに加入しているので、堂々と読み放題しています。(?)

で、このローデンコートはビギンで昨年紹介されていたもの。

ちなみにビギンのWEBマガジンでも紹介されています。

男ゴコロを直撃! オーベルジュのローデンコートの凄味とは?|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

使わして頂いてる写真もビギンの写真なのですが、すごく雰囲気あるコートじゃないですか?

これはやばい……カッコいい。

このコートをビギンで見た時に、流石に札幌では取扱ないだろうと思いながら、インターネットでいろいろ調べたのですが、まさかのどこにも取扱がない、という代物でした。

もしかしたらどこかにあるのかも知れませんが、少なくとも僕は発見に至ることが出来ませんでした。大手ネットストアは勿論、公式のオンラインストアですら存在していない、謎のコートになっています。(笑)

インターネット上にある情報は、ビギンの記事のみという状態。

公式のオンラインストアではおそらくですが、同じような生地のアウターがあったので、このコートは売り切れて削除されてしまったと僕は予想しています。

どなたか存在を確認出来たら教えていただけないでしょうか。(笑)

ネット上で存在していない上におそらく2019AWのアウターなので、今年生産されるかも怪しいのですが、是非一度実物を見てみたいものです。

④ゲルノットリンドナー/シルバーフレームの眼鏡

f:id:fortheshirt:20200124140920j:plain

引用-GERNOT LINDNER メガネ GL200 mod.206 col.SN(w.c.) Golf-temple ポンメガネ

価格は、税抜¥84000。

アイウェアデザイナー Gernot Lindner(ゲルノット リンドナー)が自身の名を冠して設立したブランドの眼鏡です。

とにかくこの眼鏡に関してはスターリングシルバーがフレームに使われているということがポイント。

フレームにコーティングをすればずっと美しいシルバーの輝きを保つことが出来ますし、コーティングしなければ手入れは必要ですが、経年変化も楽しめるという逸品。

シルバーのフレーム……何故でしょうか、僕は特段シルバーが好きというわけでもないのですが、これにはグッときました。

関東には取扱の店舗もあるようなので、機会があればとりあえず試着だけでも行きたいですね。

流石に仕事で使うのは怖いので、休日専用眼鏡にしようかなあ……。

⑤N25 (エヌニジュウゴ)レザーがま口ウォレット

f:id:fortheshirt:20200124140935j:plain

引用-N25 【エヌニジュウゴ】

価格は¥45000からですが、革の素材によって変わるようです。

こちらもビギンで知ったレザーブランド、N25のがま口財布。

今使ってる財布は土屋鞄の財布なのですが、そろそろ買い替えもいいかなあ?という気持ちになっていまして。

www.lookforlife.jp

こちらもまだ使えるは使えるのですけどね…財布って変えるタイミング難しいよなあ…。

まあ、とりあえず新しい財布候補を探しているのです。

今の時代、キャッシュレスの波は避けられないと思うのですよ。

それに伴って、財布も小さくなっていきますよね。

もしかしたら、50年後には財布ってなくなってるかもしれませんねえ……。

ところがですよ、これは完全に個人的な意見なのですが、どうも小さい財布ってあまり所有欲を満たされないというか………。(笑)

いや、実際便利だし僕も持ってますけどね。

www.lookforlife.jp

僕が持っているのは機能素材なので、レザーだとまた違うのかもしれませんが……。

でも、レザーでも財布が小さいと少し物足りなく感じそうなんですよね。

だったらいっそのこと、インパクト強い大きい財布と小さい財布を使い分けるのが、少なくとも僕には正解なのかなあ、と思い至りました。

なんだかんだで長財布が必要なシーンもなくはないですし、モノを愛でるという観点だとどうしても長財布っぽいモノの方がいい気がするんですよね。

それが何故このがま口財布になるのかは、まあいろいろあるのですがここでは割愛します。(笑)

これも実物見たいですが、なかなかハードル高そうだなあ。

おそらくですが、鎌倉や群馬にあるベルーリアというショップや、くるみの木という雑貨屋さんくらいしか取扱がなさそうなので……。

2020年も計画はご利用的に!

というわけで、以上が2020年暫定的に僕が欲しいモノです。

勿論これ以外の比較的安価なモノもたくさん購入するとは思うのですが、初心を忘れないためにもここに狙っている大物を記しておきました。

絶対全部は買えないだろうけど……。よくて1点か2点かな。

個人的な趣味趣向全開のチョイスですが、各アイテムはそれなりなお値段ということもあり、どれも魅力のアイテムなので、何かの参考になるのであれば嬉しいです。

さてさて、2020年はどんなモノとの出会いが待ってるでしょうかね。(もうすぐ1ヶ月過ぎそうですが)

みなさんも有意義な買い物を楽しんでください。

今日はこの辺りで、それでは!

【レビュー】レボマックス 漏れない、冷たい、暖かい、さらに炭酸も!な最高のボトル

正月気分な記事は前回までとして、今回からは年末年始で購入したモノなんかをご紹介していこうかと思います。

なんてことを書いてたのですが、思いの外記事の完成まで時間がかかってしまって、世間は全く正月気分ではなくなってしまいました。

さてさて、それはさておき…。

第二次ボトル戦争勃発!

まだこのブログを始めて間もない頃に、クリーンカンティーンのボトルを購入したことを記事にしました。

www.lookforlife.jp

あれから約2年……。

実は、僕の中で新しいボトルへの欲求が沸沸と湧き上がっていました。

今使用しているクリーンカンティーンはそれはそれで満足していて、企業理念なんかも素晴らしいし、この2年間で良い感じに「長年の相棒!」ってな具合の傷もついてきていました。

ですが、たまに漏れるのがこれまた、キズで…。(笑)

キズっていうか僕的には結構な大怪我レベルです。

誤解のないように説明すると。

多分なのですが、クリーンカンティーンの(僕の所有しているモデルは)構造的に熱い飲み物を入れると、蒸気がどうにかなこうにかなって、漏れやすくなるのではないかと。

説明書にも70℃以上の飲み物は入れないでくださいとありましたし。

僕は元々猫舌で、特別熱々のコーヒーを入れたい!というわけではないのですが、コーヒーってそもそも淹れたては熱々なのものですよね。

なので、時間がないときに熱々のコーヒーをボトルへ入れて、蓋をする→漏れる。

みたいなことを何回かしてきました。

これがですね、地味にストレスが溜まる……。

僕は今日は大丈夫か?漏れないか?とか思いながら毎日蓋を閉めるのに疲れてしまったよ……。

そんなこともあって、最近は何か良いボトルがないか探していたのです。

そしていろいろ探し回って見つけたのが、今日ご紹介するこちら!

REVOMAX2                                      (レボマックス)12oz(355ml)

f:id:fortheshirt:20200108134418j:plain

その名もレボマックス!

こちらは2015年に誕生したブランド、レボマックスの12ozモデルです。

価格は、税抜¥4980。

正直なところ、ボトルの中ではかなり高額な部類ではないでしょうか?

僕の購入した12ozのタイプで最小なので、サイズUPすると当然もっと高額になります。

そんなに高いなら、さぞかし良いものなんだろうかと思うじゃないですか?

これがですね、なかなか良かったのですよ。

ここが凄いよレボマックス  

f:id:fortheshirt:20200108134448j:plain

①瞬時に開閉できる新発想キャップ

まずは、レボマックス2の一番の特徴でもある開閉方法について。

ちなみにこのブランド現行品は全て「レボマックス2」であり、「1」の存在が現在どうなっているのかはわかりません。(笑)廃番かな。

ここではレボマックス2を便宜上レボマックスと呼びます。

レボマックスの開閉方法は通常の左右に回すタイプでも、プッシュ式でもありません。

下の写真をご覧ください。

左右と真ん中にある白いボタン。

f:id:fortheshirt:20200108134508j:plain

これを片手で同時にプッシュ!

f:id:fortheshirt:20200108134531j:plain

するとホラ!開きます。

f:id:fortheshirt:20200108134602j:plain

そして閉める時は「PULL LOCK」と書いてある部分を上に引けば。

f:id:fortheshirt:20200108134624j:plain

これで閉めれます。

f:id:fortheshirt:20200108134645j:plain 

僕らはあまりにも有史より存在する、回して開閉するタイプのボトルに慣れているので、おそらく最初は違和感を感じると思いますが、開閉にはすぐ慣れると思います。

クセがありそうですが、慣れればまったく問題なしです。

むしろこの開閉方式がクセになります。あ、ということはクセがあるのか。つまりクセがあります。(笑)

②漏れない二重密閉構造

そしてこの開閉方法が、漏れない構造の秘密でもあります。

レボマックスのキャップを見てみましょう。

非ロック時はこう。

f:id:fortheshirt:20200108134708j:plain

ロック時はこのようにシリコンのパッキンが広がります。

f:id:fortheshirt:20200108134729j:plain

おそらく二重密閉構造とは、非ロック時にキャップを本体と重ねた状態から、ロックすることによってシリコンパッキンがさらに密閉をすることを指しているのではないしょうか。

蓋→1つ目の密封

ロック時のシリコンパッキン→2つ目の密封

こんなイメージ。

もし違ったら教えてください。

まあ、とにかくこの構造こお陰で漏れる感じは全然しません。

これだよ!求めていたのは……!!

漏れるか心配しなくていいのって、最高です。

③勿論保温力、保冷力もいいです

f:id:fortheshirt:20200108134755j:plain

このレボマックス、公式サイトによると18時間の保温、36時間の保冷が可能らしいです。

もちろん18時間ずっと熱々ではないでしょうが。

そして、お馴染みの真空二層構造。

ステンレスを2層にして間は真空状態なあれです。

さらに真空部分に銅をコーティングして、熱を逃げにくくしています。

f:id:fortheshirt:20200108134917j:plain

引用-inside_revomax

レボマックスのサイトから画像をお借りすると、こんなイメージ。

真空二層構造は知っていましたが、銅をコーティングしているのは初めて知りました。

サッと調べた感じ、この処理をしているブランドは他にもあるようですね。

というか、真空二層構造する場合に銅のコーティングって当たり前の処理なのかな?詳しい方教えてください。

ということは、レボマックスが高い保温、保冷機能を持っているのはやはり独自の構造であるキャップの恩恵が大きいかと思います。

理論的にはボトル本体の構造が同じならば、温度変化に影響する部分ってキャップの密閉性なので。

このことから考えても、レボマックスのキャップの構造の優秀さが伺えます。

④その他のディテールも良い

その他細かいことですがご紹介します。

f:id:fortheshirt:20200108134937j:plain

カラーがいくつかありますが、シルバー以外は本体にパウダーコーティングをしているので、傷がつきにくく、滑りにくいです。

この辺りは数年前からややブームでもある、ハワイアン御用達ブランド「ハイドロフラスク  」と同じですね。

また、キャップ部分はカラビナを取り付けれるのでアウトドア的な用途にも。

単純に、指に引っ掛けて持ち運べるという利点でもあります。

⑤炭酸ジュースやビールも大丈夫!

そして、このレボマックスの最大の特徴の1つとも言えるのが炭酸もOKということ。

というか、「炭酸 ボトル」みたいな検索ワードでレボマックスに辿り着く方も多いのではないでしょうか?

ちなみに炭酸を入れる際には注意事項が意外に多くありまして

・炭酸を入れた際は圧力を下げる為に30分に一度キャップを開ける

・鞄に入れる際は縦にいれる

・精密機器と一緒に持ち運びはやめる

・車内など高温になる場所には置かない

と、このような注意事項あります。

まあ、リスク回避の為に多少大げさに言っていることもあるかとは思いますが、一応お気をつけてください。ご使用は自己責任で。

僕は炭酸をいれることはないと思うので、そこまで気になりませんでしたが。

元々コーヒー用で購入しましたし。

ちょっとデメリット、キャップは中まで洗う!

さて、いろいろレボマックスの良い点についてお話ししましたが……。

もちろん多少デメリットに感じることもあります。

f:id:fortheshirt:20200108135022j:plain

こちらのキャップですが、ボトル洗う際には分解して洗うことになります。

それは、清潔に……というのはもちろんなのですが、キャップを分解せすに洗うと水がキャップの中に入って、溜まってしまうのです。

そして、逆さまにした際に流れてきてしまいます。

多少面倒ですが、分解して洗浄をしなければいけません。

手順自体は非常に簡単です。

まず、最初キャップはこのようになっています。ロックはオフ状態です。

f:id:fortheshirt:20200108135022j:plain

黒いパーツを上から引き抜きます。

f:id:fortheshirt:20200108135055j:plain

シリコンパッキンともう一つの黒いパーツを分離させたら分解完了です。

そして洗浄をして、乾かします。

f:id:fortheshirt:20200108135123j:plain

組み立てる時は、写真の方の黒いパーツの溝にシリコンパッキンを合わせて押し込みます。

分解の時とは手順が違うので注意です。

f:id:fortheshirt:20200108135152j:plain

そして、もう一つのパーツを下から押し込んで組み立て完了。

f:id:fortheshirt:20200109095940j:plain

写真で紹介すると分かりにくいですが、分解も組み立ても非常に簡単です。

それぞれ10秒くらいでできるのではないかと。

もう一個気になるポイントが…キャップの水滴問題

さらに、もう1点気になるポイントが。

これは意外に盲点でした。
レボマックスのキャップの形状はこんな感じです。

f:id:fortheshirt:20200108134708j:plain

で、暖かい飲み物を入れた時にキャップを閉めると、湯気?蒸気?がキャップの下部に付着します。

それが、キャップを開けて上げた際に滴るんですよね。これが少しやっかい。

この現象、当然レボマックスだけではなくて他のボトルでも発生します。

以前使用していたクリーンカンティーンでも、勿論発生していました。

でも、あまり気にならなかった。

なのに何故レボマックスだと気になるのか…。

それは恐らく、キャップの下部の形状が原因だと思われます。

先程の写真を見たらわかると思うのですが、レボマックスのキャップの形状は、逆さまにしても凹部分がないんですよね。

なので、キャップを開けた際にに水滴の逃げ場所というか、溜まる場所がないのです。

なので、水滴が滴りやすいという……。

一応本体の方へ水滴を落としたりして対策はとれますが、これは地味に気になった部分です。

そしておそらくですが、実際使用しないとこのデメリットには気づかないと思います。

なかなかぱっと見ではわからない部分ですね。

新しいマイボトルに満足です

とは言え、新しいマイボトルであるレボマックスには満足しています。

「漏れる」という心配から解放してくれたのは本当に嬉しい。

ストレスフリー。

あと、他では見ないキャップの構造も実用性とは別の部分で、男心をくすぐるというか…。(笑)

この記事で良い部分もイマイチな部分も紹介出来たと思います。

それでも気になった方は是非手に取ってみてください。

きっと満足して頂けると思います。

 

今回はこの辺りで、それでは!

真空断熱ボトル オニキスブラック 355ml

真空断熱ボトル オニキスブラック 355ml

  • メディア: ホーム&キッチン