look for life-人生を探して-

look for life-人生探して-

年収300万代30代既婚男子ピコポが手探りで探す人生の意味。と見せかけて日々の生活を通じて感じたコトや愛用のモノ、買ったモノを綴るブログ。ファッション、読書、音楽、日用品、日々の暮らし、そして文鳥など。いろいろなことを綴っていこうと思います。

ペンドルトン ジャガードバスタオル 赤ちゃんから大人までプレゼントに! おすすめポイントと注意点 【レビュー】


頑張って良い記事を書きます。読者になっていただけると嬉しいです!

twitter始めました!よろしければフォローお願いします!

以前も雛人形の記事でも書いたのですが、「子供がという事実」の威力ってそれはもうすごくて。

www.lookforlife.jp

去年(2018年)のクリスマスに実家に住む妹から「子供ちゃんにクリスマスプレゼントいる?」という打診が。

いやーものすごく有難い。

それはもう光の速さで「いる!と子供が言ってる!」という旨の返信をして、プレゼントを頂きました。

親と共同で出資してくれたとは言え、出来た妹ですよ……僕と10歳も離れているのに。

あの小さかった妹が今やお兄ちゃん(の子供)にプレゼントを……それだけでも割と泣けます。(笑)

子供へのプレゼントってすぐ使えなくなってしまうなあ

子供が産まれてからというものプレゼントを貰わない月はないんじゃないか?というくらいプレゼントを貰っているのですが、その多くは洋服だったり、オモチャだったりします。

もちろん、それは大変有難いです。

 

しかし、今回のプレゼントはクリスマスのプレゼント。誕生日やクリスマスなどの記念日にプレゼントを頂けるのなら、出来るだけ長く使えた方が良くないですか?

洋服とかだと、早ければ1年経たずに着れなくなってしまうんだよなあ……おもちゃやベビー用品然り。

 

せっかくなら1年とかで使えなくなるよりも、長く使えて大事に出来るモノ、色々使用用途がありそうなモノが良いと思って、妹にプレゼントしてもらったのが今回ご紹介するこちらです!

PENDLETON(ペンドルトン )オーバーサイズ ジャガードタオル

創業150年を超えるアメリカの良心と言われる(?)ブランド、ペンドルトンのオーバーサイズジャガードタオルです。

f:id:fortheshirt:20190307021149j:plain

アメリカ好き、ネイティブ柄が好き、アウトドア好きなら一度は欲しい思ったことがある、もしくは既に持っているはずなこちらのブランド、昔からアウトドアブランドが好きな僕も「いつかは……。」と思いながらもなかなか購入に至れなかったのですが、まさか子供のお陰でゲット出来るとは。(笑)

ブランケットではなくタオルですが。

改めて我が子に感謝です。いい子に育つんだぞ!

PENDLETON(ペンドルトン )とは?

識者であるみなさんには説明不要かもしれませんが、一応ペンドルトンというブランドの説明を。

 

ペンドルトンの始まりは1863年のアメリカ。トーマス・ケイという英国人織職人が、羊からウールを生産する事業を立ち上げたことが始まりです。

その後、娘、子供らの手によってペンドルトンのウール生産事業の基盤が作り上げられ、100年以上の歴史を持つ「ウールブランケット=ペンドルトン 」というイメージすらある、ある種のアイコン的なブランドなのです。

 

またペンドルトンと言えば、1909年以来アメリカ先住民向けにアメリカ先住民ブランケット、ローブ、ショールを製造し続けていることでも有名です。

先住民へのリスペクトの表れとして、実在したインディアンの英雄、チーフ・ジョセフへの敬意を表した柄も存在しており、そのままチーフ・ジョセフと言う名でペンドルトンの中でも一番人気の代表的な柄となっています。

こんな感じで150年以上ある歴史あるブランドがペンドルトンです 、それだけでたまりませんなあ。

ペンドルトンタオルの良いところ

簡単にペンドルトンについておさらいしたところで、今回購入した(購入してもらった)オーバーサイズジャガードタオルについて良いところをレビューしていきます。

意外にこのタオルって、ブログのレビューとかないんですよね。ネット販売のレビューくらいしか。

①102×178cmのビッグサイズ

f:id:fortheshirt:20190307021321j:plain 

名前が「オーバーサイズジャガードタオル」というだけあってサイズはなかなかのもの。小さめの毛布くらいあります。本格的な防寒であるならやはりブラケットの出番ですが、夏場のタオルケット的に使用することなら十分に可能だと感じました。

②コットン100%でケアが簡単

f:id:fortheshirt:20190307021301j:plain

個人的に地味だけど良いポイントだと思うのが、こちらのタオルはコットン100%だということ。

ペンドルトンの代表作であるブランケットってウール100%なんですよね。

made in USAですし、上質だと思いますし、憧れはあるのですが、やはりケアに気を使うこともあるような気が……。

対してこちらのタオルはコットン100%なので汚れたら洗濯で洗えるし、ウール程普段も気を使って使用しなくても良さそうです。

というか我が家ではすでにガンガン洗ってるので。(笑)

後述しますが最初は洗った方が良いです。

 

また、コットン100%ながら片面はベロアっぽい質感になっていて高級感もあります。

f:id:fortheshirt:20190307021416j:plain 

わかりにくいかなあ。

もう片方はよくあるループ織りですが、片面ずつ質感が違うのも良いですね。

f:id:fortheshirt:20190307021612j:plain

③多彩な使用用途

ギャンギャンに使い倒す我が子…可愛いから許す!

f:id:fortheshirt:20190307021830j:plain 

前述したようにコットン100%故にガシガシ使えます。なので様々な用途に使用可能なのもポイントですね。我が家では一応子供用に頂いたので、現在は我が子を日中に寝かせる布団というかプレイマットというか、その代わりとして使用しています。それはもう舐め回しています。

他にも

・タオルケットとして。

・ラグ的な感じで。

・ソファーや椅子のカバーとして。

などなど、大判で且つ扱いやすい素材なので自分の考え方、アイデア次第ではいろいろ用途はありそうです。

f:id:fortheshirt:20190307021704j:plain

ループもついているので引っ掛けておくことも可能です。

④価格も良い感じ?

これはウールブランケットと比べてということになりますが、正規店のmade in USAのウールブランケットだと163×203cmの大判サイズで税抜¥45000。小ぶりの81×112cmのサイズでも税抜¥15000です。

うーん…高いなあ……。

ですが、今回ご紹介しているオーバーサイズジャガードタオルは107×178cmで税抜¥8800なのでブランケットよりはかなり購入しやすい価格です。

……いや実際はタオルでも十分高いなーと思っていましたが。(笑)

プレゼントなどにはちょうど良いのではないでしょうか。

 

↓コラボもたまにしています、ディズニーとは意外に仲良しです。(笑)

ペンドルトンタオルのイマイチなところ

次に、使用して感じたイマイチなところをご紹介。完璧な人間がいないように完全な製品などないのです。特にその②は要注意!必読レベルです。

①残念ながらmade in china

f:id:fortheshirt:20190307024304j:plain 

ペンドルトンのウールブランケットは未だにmade in USA というアメリカの良心っぷりを貫いているのですが、オーバーサイズジャガードタオルは残念ながら中国製です。

だからと言って品質が悪いということは勿論ないのですが、少し残念なところですね。その分購入しやすい価格帯なので、上手く棲み分けは出来ているのだと思いますが。

②洗濯すると大変なことになる

この記事を読んでいて購入を検討している方には是非知っておいて欲しいことです。

このタオル、コットン100%で洗濯出来るのは良いのですが、洗濯するとえげつない程毛玉というか埃というか(っぽいモノ)が出ます。

絶対に他の洗濯モノ一緒に洗わない方が良いです。特に購入したては。

5回程洗えば多少は落ち着いてはきますが。

コロコロで埃(?)を取ろうと試みても無限に取れるので、おそらく先にコロコロの芯がなくなるか、心が折れます。(笑)コロコロかココロか……みたいな。

 

 で、この事実が僕が調べた限りだと意外に知られてなさそうなんですよね。みんな知ってるのかな。

ブログで書いてる方はほとんどいなくて、Amazonや楽天のレビューで書いてる方がたまにいるかな?という感じ。

 

僕は今回A &Fで購入した(してもらった)のですが、正規品取扱店でもこんな感じなので、恐らく素材か、織り方の問題か……うーん、タオルってこんなに毛玉でましたっけ?

ペンドルトンの並行輸入の通販はどうなのか?

さてこのペンドルトンなんですが、海外のブランドあるあると言いますか、Amazonや楽天のショップで販売している並行輸入商品はタオルだと¥5000程からあります。

この辺りは正直どうなのかわかりません…レビューを見てると「怪しい。」と言ってる方もいますが。

 

前述したように正規取扱店の品でも埃(毛玉?)はびっくりするくらいでまくるので、その辺りは参考にならないかもしれません。

あとは並行輸入だと、どこでお店側が仕入れをしているかによって保存状態が悪かったり、生産されたのがかなり前だったりして、状態がやや悪い可能性もあるのかな。

 

上手く使えば正規代理店からより安く買えることは間違いないので、自己責任でご利用ください。

 

ペンドルトンの公式サイトはこちらです。

Pendleton Japan Official Website | ペンドルトン ジャパン オフィシャルサイト

子供が大きくなっても大切に使います

いろんな角度からレビューしてみましたが、毛玉問題以外は使い勝手は上々で、大判なのでやはり使いやすいし、汚れても気軽に洗濯出来るので我が家はプレゼントで頂いてからかなりヘビーユースしています。

 

子供が大きくなってもタオルケットとして使えるし、もう使わなくなったら僕の椅子のカバーとして使おうかな。

いやー子供大きくなったらやっぱり使わなくてなって!みたいな。(笑)

 

そう考えるとこれから先も余程デザインの趣味が変わるか、酷使し過ぎてボロボロになるまで使い続けれそうです。

 

これはいいモノを頂いたなあ。

改めて妹ありがとう!(笑)