look for life-人生を探して-

look for life-人生探して-

年収300万代30代既婚男子ピコポが手探りで探す人生の意味。と見せかけて日々の生活を通じて感じたコトや愛用のモノ、買ったモノを綴るブログ。ファッション、読書、音楽、日用品、日々の暮らし、そして文鳥など。いろいろなことを綴っていこうと思います。

大空 銀河ブルーの美しさに惚れた!初心者だけど、けん玉マスターに俺はなる!


頑張って良い記事を書きます。読者になっていただけると嬉しいです!

twitter始めました!よろしければフォローお願いします!

少し前にけん玉ブームってあったじゃないですか?ちょっとストリート系に寄せた感じの。今も続いているのかな??

 

そういうのとは関係なく、地味にずっとけん玉が欲しかったんですよね。

そして、ついに先日購入しました!

きっかけは会社の上司がけん玉の動画に妙にハマっていて、自分でもしたくなって、ノリで購入したのに僕も便乗したという……ここだけ書くとどんな会社だって感じですが。(笑)

 

ま、まあ、というわけで、今回は僕が購入したけん玉を紹介します!

けん玉マスターに俺はなる!

けん玉の歴史をおさらい 

折角なので、けん玉の歴史とかもおさらいしちゃいます。うーん、無駄に記事に深みを持たせようとする、悪い癖だね!でも、少しはためになれば……。

 

意外にだったのですが、けん玉はルーツは16世紀のフランスにあるんですね。(と言われている。)

日本に入って来たのは江戸時代とされ、その後は子供の玩具となり、度々ブームを起こしています。

21世紀には競技用のけん玉が主流になり、僕らが今思い浮かぶのも、基本的にはこのけん玉ですね。

他にも民芸品としてのけん玉や、単純に玩具としてのけん玉も各地には残っています。

2010年頃にアメリカ人が米国へ持ち帰ったけん玉を、ヒップホップなどの音楽に乗せてパフォーマンスをするのが流行し、それが逆輸入するような形で入ってきたのが、近年のブームになるのかと思われます。

 

これが、ものすごくザックリとしたけん玉の歴史です。なるほどー。

さていよいよ、僕の購入したけん玉をご紹介します!

大空 銀河ブルー 山形工房 競技用けん玉

f:id:fortheshirt:20190622132755j:plain

今回僕が購入したけん玉は、山形工房の競技用けん玉「大空シリーズ」の「銀河ブルー」というカラーです。多分一番競技用ではメジャーなけん玉かと。

競技用けん玉とは、公益社団法人日本けん玉協会が認定するけん玉で、級・段位試験や、各大会にも参加出来るけん玉のことです。

価格は税抜で¥2400。

木材はブナ・サクラを使用。

もちろん日本製です。

一番ベーシックなソリッドカラーであれば、税抜¥1980で購入出来ますよ。

①深みのあるカラーが良すぎて、もう 

f:id:fortheshirt:20190622211231j:plain

競技用けん玉なので、基本的には形は同じですよね。

ということは、違いはカラーや材質なのですが、みてくださいこの深みのあるカラーを。

お前……宇宙やん!

とよくわからないことも言いたくなる最高の色。これはまさに銀河ブルー!(?)

吸い込まれそうな雰囲気を醸し出しています。

ちなみに銀河オレンジもありますが、僕はダントツで銀河ブルー派です。

②光の反射と思いきや実はライン

f:id:fortheshirt:20190622211307j:plain

で、この銀河ブルー写真だとなんか真ん中が反射していますよね?

まあ、写真撮ると確かに光の反射もあるのですが、実は真ん中にはラインが入っていて、回転を見たり出来るのです。

これ見慣れた今でも、一瞬反射か?と思うんですよねえ。

僕は実際購入するまでは、ラインだと気づいていませんでした。

ちなみに僕はラインを見るほどの、競技レベルではありませんが。(笑)

③職人技が光る美しさ

f:id:fortheshirt:20190622211332j:plain

とか言いつつ、実際けん玉の製造に詳しいわけではないのですが、そんな素人目にもわかる造形の美しさ。

インテリアにも良くないですか?いや、よくないか。(笑)

そんな風に錯覚もしてしまうほどに良いです。

なんか¥2400って安い気がしてきました。

大空の仲間を紹介します

競技用けん玉、という枠を超えて魅力たっぷりの銀河ブルーですが、大空シリーズは他にも仲間がいっぱい。少しご紹介します。

ちなみに全て競技用なので安心ですよ。(?)

①ソリッドカラー赤

「ザ・けん玉」なカラー。

やっぱりこの色も良いですよね。媚びてない感じ。最初の一個にどうでしょう。

②ソリッドカラー 木地

ソリッドカラーにはこんなモノも。これに傷なんかがついて、自分色に染めていくのも楽しそうだなあ。お値段も¥1980と他のソリッドカラーと同じなので、好みで選べます。

③ストリート ブラック

日本けん玉協会認定 競技用けん玉 大空STREET ブラック 【日本製・予備糸付き】

日本けん玉協会認定 競技用けん玉 大空STREET ブラック 【日本製・予備糸付き】

 

特殊な質感を持つ塗料で染めた、オールブラックな一品。確かにストリート感あります。でも、これも競技用で使えるという懐の深さ。かっこいいなあ。

 

他にも、山形工房の公式サイトには、マホガニーを使ったけん玉、漆仕立てのけん玉、など¥10000以上のけん玉もあって、普通に見てるだけでも楽しいです。よかったら見てみてください。

競技用けん玉 | 山形工房 競技用けん玉「大空」 各種木工芸品

漆仕立てとか、すごいかっこ良いなあ。もったいなくて使えない気がするけど。

みんなもけん玉やろうぜ!

如何でしたでしょうか?

改めてけん玉ってなかなか魅力的ですよね。

見た目でも、競技的にも楽しめる稀有な玩具ではないでしょうか。

僕は、現時点で競技的には全く素人なので、今回の記事ではそっちには全然触れていませんが、少し上達したら技の紹介もしたいなあ。

みんなもけん玉しようぜ!

 

今回はこの辺りで、それでは!

 

どうも民芸品っぽいモノは好きなんだよなあ。

www.lookforlife.jp