look for life-人生を探して-

look for life-人生探して-

年収300万代30代既婚男子ピコポが手探りで探す人生の意味。と見せかけて日々の生活を通じて感じたコトや愛用のモノ、買ったモノを綴るブログ。ファッション、読書、音楽、日用品、日々の暮らし、そして文鳥など。いろいろなことを綴っていこうと思います。

小さい財布とキャッシュレスとウルトラライト ミニマライトのプレイウォレット。


頑張って良い記事を書きます。読者になっていただけると嬉しいです!

twitter始めました!よろしければフォローお願いします!

最近コンパクトな財布、小さい財布が流行ってるみたいですね。

財布を取り扱ってるお店では特集を組まれていたりしています。

クレジットカードや電子マネー決済などの台頭でキャッシュレス化の波は大きくなるばかりです。

今後スマートフォンからの決済が一般にもっと普及すれば、ますますその流れは加速していくはず。

 

シンプルライフや、ミニマリストに憧れる僕はよく他の方のブログなんかも覗いたりするのですが、みなさん小さな財布を使っているし、推奨しているイメージ。

 

今僕は、土屋鞄の財布を使っていて、当面買い替える予定もないのですが、ミニマムな財布には少し興味あり。

 

そして、先日出会ったブランドで良い財布を見つけて、購入したのでご紹介します。

 

そのブランドがこちら。

MINIMALIGHT(ミニマライト)

f:id:fortheshirt:20180813165302j:plain

引用-MINIMALIGHT

このミニマライトというブランド、あまりご存知の方はいないかもしれませんが、分類するのであれば以前ご紹介した「ロウロウマウンテンワークス」と同じアウトドアガレージブランドです。

www.lookforlife.jp

「最低限の要素から、最大限の軽さと使いやすさを引き出す」をコンセプトにしているブランドで、まだアイテム数は少ないのですが、どのアイテムもコンセプトに沿ってデザインされていて、こだわりを感じます。

MINIMALIGHT

そして僕が購入した財布がこちら。

MINIMALIGHT (ミニマライト)
PLAY WALLET X-PAC 

f:id:fortheshirt:20180814012554j:plain 

ミニマライトの代表作

「プレイウォレット X-PAC」です。

 

キーケース程の大きさのこの財布。

「最も小さくて便利な財布」を目指して作ったそうで、シンプルな構造ながら洗練されたデザインをしており、この大きさでも財布としての機能を保っています。

f:id:fortheshirt:20180814012619j:plain 

三つ折りになってる財布を広げると、中央のバンドには最大10枚カード類が収納出来ます。

f:id:fortheshirt:20180814012736j:plain 

紙幣も折らずに収納可能。

これが地味に嬉しい。 

f:id:fortheshirt:20180814012802j:plain

小銭入れは外側にこの大きさで少しマチがあり、思ったよりも入ります。 

f:id:fortheshirt:20180814012824j:plain

ループ付きでカラビナやキーリングを付けて鞄などに取り付けも可能。

このサイズなのでパンツの前ポケットでも違和感なく入れることが出来ます。

 

全部で5色あり、僕はグレーを購入しました。

他のカラーとスペックはこちら。

f:id:fortheshirt:20180813165322j:plain

生地にX-PAC を使用。

size:約6cm×9.5cm
weight:16g
made in JAPAN

引用-PLAY WALLET – X-PAC • MINIMALIGHT

価格は税込¥4320。

丁度良い価格帯ですね。

レザーVerもあります。

f:id:fortheshirt:20180813165336j:plain

引用-PLAY WALLET – LEATHER • MINIMALIGHT

このプレイウォレット、レザーバージョンもあります。

こちらはイタリアのレザーを使用し、仕様も若干変更していて、より日常に溶け込むデザインに。

こっちも欲しかったなあ……。

価格は税込¥12960。

初めての小さな財布、お試しで買うにはちょっと高かったので、お預けにしました。

実物も拝見しましたが、良かったですよ。

アウトドアからの。

さて、このプレイウォレット。

アウトドアブランドからの製品だけあって、サブ財布を想定して作られたものです。

登山、旅行、ライブ、フェスなどメインの財布(デリケートな革財布など。)を持っていくのはちょっと……なシチュエーションの時に活躍しそう。

 

前述したキャッシュレス化とは別に、登山の世界では近年「ウルトラライト」と呼ばれる、可能な限り荷物を軽くして登山をするスタイルが確立されています。そこで各アウトドアブランド(ガレージブランドも。)は軽量且つ、アウトドアで使いやすい構造、素材の財布の製品化を進めています。

今日ご紹介しているミニマライトも、その流れを汲むブランドで、それが街のキャッシュレス化からの小さい財布の需要と上手く重なって、かなりの人気のようですね。

 

現在は入荷しては欠品して、を繰り返しているみたいです。

インスタグラム、HP等で詳しい情報はご覧いただけます。

MINIMALIGHT

 

我が家は食費を財布別にしているのですが、食費用の財布として使おうかな。

あとは旅行で助かりそう。出張でも使おうかな。

これから注目のブランドです。

実は先日、このミニマライト含む3ブランド合同のイベントが札幌のアウトドアショップ「FLHQ」であって、そこで製品を見ることができました。

ミニマライトの方が直接丁寧に説明してくれたのですが、実際見た方が欲しくなりますね。

全然買うつもりなかったのに購入してしまいました。

これからも良質なプロダクトを開発していって欲しいですね。

 

使用した感想をまた記事にするのでお楽しみに。

 

本日はこれで。

それでは!